« 犬とカメラとブログの関係 | トップページ | 謎のオレンジ色の物体 »

2009年4月18日 (土)

犬とカメラとブログの関係2

昨日の続きです。昨日のはこちら

 さて、困りました。犬をつないでおくと吼えるので一緒に連れて行くしかありません。でも、犬を連れたままリスに近づくと逃げられます。それなら、ということでさらに望遠のカメラを買おうということに。ちょうどTZ3の限界(リスは撮れても鳥は無理^^)も感じていたのでいい機会だし。ということで検討を始めました。まず考えたのはPanasonicのDMC-FZ28(←アマゾンのページへのリンクです、下のも)とかのネオ一眼系です。

 それは、デジタル一眼レフっていうのが、いまいち好きじゃないというのも理由の一つでした。何故かというと、デジタルになったのに何で「レフ」なの?っていう疑問があったからです(今となっては理解できますが…)。それに、でかくて重くてレンズがやたら高価というイメージもありました。

 ところが、ある日ふと電気店で見つけたPanasonicのデジタル一眼 DMC-G1W。デジタル一眼なのに、軽くて小さくてすごくいい。なにより、ミラーがなくて「レフ」じゃないのがいい。フォーサーズなので望遠に強くて、ダブルズームキットの換算400mm望遠で今より寄れる。コンデジに比べれば撮像素子もずっと大きいし、FZ-28と比べてレスポンスもいいし、それなりに高感度撮影もできるし、すっかり気に入って、本当にポチ直前まで行きました。

 それが、二日後には何故かOLYMPUSのデジタル一眼レフ E-520をポチっと…。G1のことを相談していた知り合いに話すとあきれられました。E-520はその二日前まで全然知らなかったのですが、色々調べている時に某掲示板で、鳥を撮るならG1よりE-520にしとけ、という内容の書き込みを見て、ふと気になったのがきっかけです。

 それで、調べてみると、E-520もG1と同じぐらい小型軽量。しかも600mm超望遠キットというのがあり、それに付いてくるOLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED70-300mmF4.0-5.6 が(換算600mmにしては)とにかく小さくて軽い!本体に強力な手ぶれ補正付きのE-520との組み合わせなら楽々手持ち撮影可能(ということは犬の散歩に持っていける^^)。しかも出て間もないG1より安い!600mmキットが最安8万円ぐらい(当時)で、さらにオリンパスのキャッシュバックキャンペーンで1万円戻ってくるし(当時)。と、私好みの条件がいろいろそろって、結局ぽちっとお買い上げ。いや~、一週間前までデジタル一眼「レフ」を買うことになるとは全く考えてもいなかったのに^^。

 さて、カメラをゲットしたので、早速犬を連れて散歩に行きました。E-520は一眼レフにしては小さいけど、70-300を付けると計1.2kgになるので、大丈夫かという疑問は少しありました。まあ、大丈夫だったのですが、コンデジと違って片手は論外で、手にリードを持ったままの両手も苦しい。ということで、考えた末、犬はリードを短くして腰ベルトにつなぐことにしました。

 実はこれが大正解で、やってみると、ここのリスは思ったより犬を気にしません。よく考えれば当たり前ですが、人間の方がでかくて目立つので、静かに人間の横にくっついている限り犬は人間の一部です。もちろん急に動いたり吼えたりするとダメですが、ここのリス達は犬や人を近くで見慣れているようです。犬の方も学習して、カメラを構えると自然におとなしくするようになりました。この頃にはリードを短く持って人のペースで一緒に歩く「ついて」ができるようになっていたので、その応用ですね。

 ということでリスに寄れるようになりましたが、換算600mmなので前より離れていても大きく撮れます。これまでTZ3ではまともに撮れなかった鳥もたくさん撮れるようになりました。ますます写真が楽しくなってきて、野鳥図鑑も買って、識別も多少はできるようになりました。ありがちですが、要するにこの世界にすっかりはまってしまったのです。

 すると、もともと連写しまくっていいものを選ぶ方だったので、大量の写真が溜まってきます。冬場は天気のいい日が続くので、毎日の散歩でどんどん増えてきます。そうるすと、たまにはいい写真が撮れるので、それを人に見せたくなるんですよね。これまでも、時々は印刷して見せていましたが、こうなっては全く追いつきません。それに、写真だけではなくて、どんな状況で撮ったのか、場所や感想、リスの行動なども一緒に記録したくなります。数が少ない間は、印刷した写真の裏に書き込んでいたのですが、このデジタル時代にいくらなんでも原始的すぎます。検索もできないし。

 さて、もうおわかりですね、そういうことをするのに最適なツールがあります。ブログです。

 ここまでくれば後は一直線に坂を転がり落ちるだけです。テレコンも買ってしまいました。E-520のAF精度に不満があって、E-620を検討中です。高いレンズには手を出さないと誓っていますが、いつまで続くでしょうか…。

 最後に、今日撮ったホンドリスの写真をいくつか。ちなみに、こういう状況なので、このブログの写真のほとんどすべては、腰に犬をつないだ状態で撮影しています^^。

090418_01かいかい~。おっぱいも見えてますね。

090418_02地面を掘ってクルミ探し、泥だらけになってます。

090418_03顔が笑っているような^^。これはトリミングなしです。

090418_04そんなところに登ってどうするのでしょうか。ちなみに、登っているのはクルミの木で、この公園にはたくさんあります。新芽が出ていますが、これが秋にはリスの好物に^^

|

« 犬とカメラとブログの関係 | トップページ | 謎のオレンジ色の物体 »

カメラ」カテゴリの記事

ホンドリス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535721/44713737

この記事へのトラックバック一覧です: 犬とカメラとブログの関係2:

« 犬とカメラとブログの関係 | トップページ | 謎のオレンジ色の物体 »