« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月28日 (金)

子リスに大接近

一文字ママの巣の近くを歩いていると、突然葉っぱの奥からゴソゴソという音がして、

100528_01
至近距離から子リスが出てきて目が合いました。この写真、レンズの焦点距離が70-300mmのところ108mmで撮ってます。2mぐらいの距離です。

100528_02
子リスは、しばらく固まっていたので、少しアップに(158mm)

100528_03
さらに、ぐぐっとテレ端(300mm)まで寄せてみました。これでトリミングなし。ここまでアップで撮るとやりすぎの感もありますが「クルミ大好き」の二枚目と並んで、これまでの最近接記録です。ほとんどマクロ撮影^^。

100528_04
その後、子リスはこの木の少し上の方で、色々動いてくれました。手を離してだらーんぶら下がったり。

100528_05
しっぽの毛づくろいとか。

100528_06
やっぱり目があったりとか。

100528_07
一文字ママの巣を見ると内装材が引っ張り出されていました。もうここには住んでないような感じですね。多分どこかに引っ越したのでしょう。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

おひさしぶりのVの字君、ママになってた

久しぶりにVの字君(左耳がVの字に欠けてる)を見かけました。去年の5月に初めて識別できるようになったVの字君ですが、今年の1月にはどうやら女の子らしいと判明したところです。

100527_01
Vの字がしっかり見えてます。耳毛がなくなって識別しやすくなりました。

100527_02
向きを変えたところで、発達したおっぱいが見えました。ママになってるようです。今後はVの字ママと呼ぶことにします^^。

100527_03
雨上がりなので、体が濡れてます。鼻も泥だらけ。

100527_04
少しアップで。ここまでの写真は5月26日撮影。暗かったのでSSが1/80秒でピントもイマイチなので、小さめに縮小してあります。

100527_05
翌27日、Vの字ママを見かけたすぐ近くでクルミと格闘してる子リスを発見。多分、Vの字ママの子供なんでしょう。子リスはまだクルミを割れないはずので、ここで齧ってるクルミは誰かの食べかけだと思います。残っている実を隙間から頑張って掘り出してます。ちなみに、5月22日の「子リスが近くに」で紹介した子リスも、Vの字ママの子供の可能性が高いですね。みんな極近くで見かけてるので。

100527_06
クルミに集中していたので接近してみましたが、ここでこちらに気がついたようです。

100527_07
うーん、どうしようかな~、みたいな。

100527_08
結局、クルミをくわえて少し高い所へ移動しました。ここで、再びクルミと格闘です。こうやって、少しづつクルミに慣れていくのでしょう。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

残りわずかの耳毛

毎年、この時期になると気になるのがこれ、

100524_01
残りわずかの耳毛です。ほとんど波平さん状態。

100524_02
ちょろちょろですね。

100524_03
クルミの葉っぱを食べています。

100524_04
だらーんと垂れ下がっているのはクルミの雄花。これも結構好きみたいです。

耳毛のおかげで、この日の写真は同じ個体だとわかりますが、数日経つともうわからないでしょうね^^。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

子リスが近くに

子リスはどんどん成長しているようで、単独行動が多くなってきました。

100522_01
目の前の木から降りてきた子リスです。このモコモコ感がまさに子リス。

100522_02
その後、なぜかこっちに向かって近付いてきて、

100522_03
目が合ったところで、やっぱり逃げていきました。再接近時は2mぐらいの距離です。かなり暗かったのでシャッタースピードはなんと1/40秒。手ぶれ補正に頼り切ってます。これまで観察していた巣からずっと離れた場所で、今日初めて見た子リスです。近くに巣があるはずですがノーマークの場所でした。5月21日撮影。

100522_04
今日5月22日撮影のこの子は、「子リス、デビュー」で紹介した三匹の子リスの内の一匹です、多分。その木の根元だったので。

子リスにも個性があるようで、すごく臆病でちょっとした物音ですぐ逃げてしまう個体もいれば、怖いもの知らずで人間にわざわざ近付いて来る個体もいます。成長するにつれて、色んなものに興味を持って大胆になってくるのかもしれません。この日、さらに離れた他の場所でも子リスを見かけたので、この公園内には少なくとも三ヶ所の子育て中の巣があると思われます。みんな無事に育って欲しいものです。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

「キ」で始まる鳥たち

5月に撮影した、「キ」で始まる鳥シリーズ

100521_01
デデーポーポー、の鳴き声でお馴染みのキジバトです。喉から胸をパンパンに膨らませて鳴いてます。これが本当のハト胸?

100521_02
ツツジの陰から出てきたキジ。派手だ^^。時々公園を普通に歩いているのを見かけます。

100521_03
キセキレイ、右上に虫が飛んでますが、それを、

100521_04
ぱくっと空中キャッチ。枝に半分隠れてるのでイマイチですが。

100521_05
その後、ポーズを決めてくれたので近づいてみました。

100521_06
なぜか地上に降りてきたキビタキ。

100521_07
子リスが巣から出てくるのを待ってる間に近くに来てくれました。今年のキビタキは結構フレンドリーで遊んでくれそう。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

春の植物コレクション

5月に撮影した花と植物のコレクション。

100520_01_2
春植物の代表、カタクリ。この公園の端っこの方にちょっとだけ群生しています。

100520_02
ヒメオドリコソウ。公園で群生している分には結構きれいなのですが、自宅の庭にあったのは雑草扱いで全部抜いてしまいました^^。

100520_03
一輪しか咲いてないけどニリンソウ。二輪目はつぼみだけ見えてます。この公園には群生地があって、リスも花の間を走り抜けて行きます。(そういう写真は撮れなかったけど…)

100520_04
カキドオシ。つるが伸びて垣根を通りぬけるから「垣通し」だとか。この色は結構好きですね。1cmぐらいの小さな花ですが思いっきり拡大してあります。

100520_05
クサノオウ。毒草ですが、公園だけでなく道端にもたくさん咲いてます。いいのか?

100520_06
ツツジ、の一種ですが種類が多すぎて私には特定は無理です。

100520_07
発芽したクルミ。道端に落ちているのがそのまま発芽したようで、根も外に出ています。このままでは育たないので、ここにクルミの木があるといいな~、と思う場所に半分埋めておきました。

そもそも小さなものを大きく写すのが好きなので、花を撮るとついついドアップが多くなってしまいます。このレンズ(ZD ED 70-300mm F4-5.6)だと、テレ端(焦点距離300mm、35mm換算で600mm)で最短1mから撮れるので結構便利。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

子リスの成長は早い

巣から出てきたのを初めて見た3日後の5月18日、子リスは巣のある木から20mぐらい離れた木に登っていました。兄弟で仲良く一緒に行動することも少なくなり、勝手気ままに動きまわっています。外界に出てきて間もないため、見るものすべてに興味津々といったところでしょうか。近くを通る高校生の自転車や、ちょっとした物音にいちいち反応してるのがカワイイですね。

100519_01
何か食べているようです。

100519_02
木から降りてきて、地面でも動きまわります。

100519_03
枝をかじったり、

100519_04
時には軽くジャンプしたり(写真には撮れなかったけど)。一日単位でどんどん成長しているようです。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

ツバメの巣作り、今年は大丈夫かな

ツバメが飛び交っていました。去年も巣があった場所をのぞいてみると…、

100518_01
ありました。去年と全く同じ場所です。でも、ここは去年、巣ごと落下して雛が全滅した場所でもあります。親も去年と同じ個体だと思いますが、今年は大丈夫でしょうか。巣をのぞいた時には中に親がいて、多分抱卵していたのでしょう。ということはあと二週間ぐらいで雛が見られるかな。

100518_02
カメラを構えると、親ツバメは巣から出て、すぐ近くの電線に移動しました。こちらが多分オス。

100518_03
その1mぐらい横にとまっていたのが多分メス、抱卵していた方。
5月18日撮影。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

子リス、デビュー

5月6日に入居した一文字ママの巣で、ママの帰りを待ちきれないかのように、子リスが少しだけ外に出てきました。一文字ママは自分の朝食のため留守にしています。もしかしたら、さらに別の巣を建築中かもしれません。

100516_01
まずは二匹。しっぽの雰囲気がいかにも子リスです。親と比べると二回りぐらい小さく見えます。

100516_02
ちゅっ^^

100516_03
三匹目登場。かなり遠かったので、写真は思いっきりトリミングした上に小さめに縮小してます。

100516_04
動きはとても活発です。巣の近くを15分ぐらいウロウロして、また巣に入って行きました。
5月15日撮影

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

一文字君の真実、巣材集め中

昨日の記事で予告していた一文字君の驚愕の事実とは、

100515_01
5月13日撮影のこの写真、目の上の「一文字」の傷は少ししか見えてませんが、いつもの一文字君です。ところがよく見ると「おっぱい」があります。一文字君は、実は子育て中の母リスでした、ということが判明。今後は一文字ママと呼ぶことにします^^。

この一文字ママ、巣の中に敷く内装材(杉の皮を裂いて丸めたふかふかのボール)を咥えてます。新しい巣を作っている最中ですね。それで、この場所は5月6日の記事「巣作り&子リスを咥えてお引っ越し」で紹介した巣から30mぐらいしか離れてないので、もしかして、と思って過去の写真を拡大して見てみると…、

5月6日の記事で子リスを咥えて引っ越してたのも、実は一文字ママだった、ということが昨日判明^^。ブログに載せた写真からはよくわからないけど、在庫の失敗写真の中に「一文字」がはっきり写ってるのがありました。

100515_02
その後、一文字ママを追いかけると、巣材の調達先に案内してくれました。この杉の皮の内装材は、最初はもちろん実際に杉の皮を剥がして作るのですが、この時は地面に落ちてしまった古い巣の一部を再利用したようです。環境にやさしい行動ですね。

100515_03
さらに追いかけると、今度は別の巣から内装材を引っ張り出しました。

100515_04
もう少し接近。ちなみにこの破壊中の巣は、「お家の回りをパトロール」で紹介していた巣です。その時には、確かオスのリスが使っていたはずですが、その後放棄されていたようです。この巣も今作っている巣から30mぐらいの所にあります。

100515_05
内装材を咥えて破壊中の巣がある白樺の木を降りてきました。

100515_06
これが内装材をセットした新しい巣。子育て中の母リスが新しい巣を作っているということは、子リスを連れて引っ越して来るつもりなのでしょう。とすると、5月6日に入居した巣から、今度はここに引越してくるのかもしれません。

去年も、子リスがいたはずの巣を観察していたら実はいつの間にか引っ越して空だったり、引っ越し先を特定してそっちを見ていたらまた元の巣に戻ったりしてて、子リスがどの巣にいるの結局わからなくなったことがありました。それがリスの作戦なのでしょうが見事に騙されてしまいます。彼らも子育ての時は特に警戒してるようです。さて、今年はどうなりますか。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

後ろから接近&歩道橋を渡ります

こちらに背中を向けて、集中して何かを食べているリスがいたので、後ろからそ~っと近づいてみました。

100514_01
この子は左目の上に小さな傷があります。以前にも紹介した一文字君です。近くには食べ終わったクルミの殻や、まだ中身のありそうな栗が落ちてます。ちなみに、一文字君については驚愕の事実(それほどでもないけど)が判明したので、明日の分に掲載予定。

100514_02
今度は別の個体です。道路を渡ると危険なので歩道橋を渡ります。歩道橋は安全、なはずですが時には人間に遭遇してしまうのが問題かも^^。この子もカメラに気付いてびっくりした表情で立ち止まってます。

100514_03
その後、歩道橋の反対側の手すりの下で固まっていましたが、しばらくして歩道橋を走って逃げて、途中から木に飛び移りました。散ってからそう時間の経ってない桜の花びら(普通にソメイヨシノです)が落ちていますが5月5日に撮影したもの。このあたりの桜は遅いんです。
GWの撮影分もこれでようやく終了。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

美声のキビタキ&根元のコゲラ

去年の春から夏にかけて、心地よい美声を聴かせてくれたのですが、高い枝の隙間からチラチラ姿を見せるだけで全然写真を撮らせてくれなかったキビタキです。

100511_01
今年もやってきました。(5月5日撮影)

100511_02
リスの巣のすぐ近くにいて、観察中に楽しませてくれました。

100511_03
いい声で鳴いてます。今年もすでに何日も同じような場所で声だけは聞いているので、ここに住むことにしたのでしょう。去年も最初だけ写真を撮らせてくれたのですが今年はどうなることやら。

100511_04
あまり地面近くでは見たことないコゲラですが、この日は根元で発見。

100511_05
ここから木をつつきながらどんどん登って行ってしまいました。(5月2日撮影)

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ジャンプ&ラン

いつもは露出優先で撮っているのですが、これぐらい天気がよくて太陽を背にしている時はシャッタースピード優先でジャンプの瞬間を狙おうという気になります。

100509_01

100509_02

100509_03

100509_04

100509_05
クルミの木の枝を、ジャンプして駆け抜けて行くところです。この時は、ほぼ真横に飛んでくれたので、最初の一枚にピントが固定されるシングルAFでの連写でOKでした。連続AFは動体追従が遅いのであまり使えないんです^^。
5月2日撮影

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

至近距離での遭遇

まだしばらく続く、連休中の写真。今日は5月2日撮影分。

100508_01
枝の陰から突然出てきました。3mぐらいの至近距離です。

100508_02
こういう時は、お互い驚いてしばらく固まっています。

100508_03
でも、そのうち少しづつ動き始めました。

100508_04
逃げるかと思ったら、しばらくここで毛づくろいすることにしたようです。危険はないと判断したのかな。なーんだ、またいつものやつかよ、とか思ってたりして^^

100508_05
こんなところもお手入れ。やわらかい体ですね。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

コムクドリの謎

最近、この公園でやたら多くてエラそうに振舞っているのがコムクドリ。近くをリスが通るたびにコムクドリが激しく攻撃する場所があって、多分近くに巣を作ってるんでしょう。私にとっては、かなり凶暴なイメージの鳥さんで、リスを攻撃する場面を撮りたいと思っているのですが、早すぎて難易度高すぎです。

それはさておき、先日4月28日、リスを撮影している時にすぐ横が騒がしかったので見てみると…

100507_01
おー、やってるやってる^^。ということで、リスはそっちのけで写真を撮り続けましたが…、コムクドリってこんな格好でやるのか?

100507_02
うーん、妙に生々しいぞ。

100507_03
鳥さんはこっちの方が普通じゃないのかな。

100507_04
横になってこんな体勢でも。

100507_05
しかしまあ、いろんな格好で5分位やってました。

100507_06
でも、ここまで見て、この写真何か変だと思いませんか?写真を撮ってる時はひたすらシャッターを切ってたので気が付かなかったのですが、これ、どっちもメスですよね。じゃあこれは何やってるところ???。単にじゃれあってたのか、それとも何かを争ってたのかな?

100507_07
ちなみにオスはこんな感じで、胸から肩にかけて灰色で、背中は黒くほっぺが赤いのが特徴です。前の写真と比べると、やってるように見えたのはやっぱりどっちもメスですよね…。まあ、非常に若いオスだという可能性は否定できませんが、うーん、謎だ^^。ちなみに、この二羽のオスもあまりに仲がいいようにみえたので最初は番かと思ったぐらいだったし。

100507_08
最後に、オスのアップを。背中がてかてかしてて、光の加減によっては玉虫色で結構きれい。たとえばこれとか

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

巣作り&子リスを咥えてお引っ越し

桜の季節も終わり、そろそろ子リスが出てくる時期です。森の中を散歩する時も、子リスに期待しながら上ばっかり見ています。子リスを探すには、まずは使ってる巣を見つけるのが先なのですが、この日(5月3日)は、

100506_01
運良く新居建設中の現場に遭遇しました。近くから折り取った枝を組んで、普通は直径30cmぐらいの巣を作るのですが、この巣はかなり大きめです。子育てに使うのかも、と期待が広がります。

100506_02
何度も枝を運んで巣を組み上げていきます。その時、この場所をいつもジャンプして通って行くので狙って連写してみました。

100506_03
枝を咥えたままジャンプ。

100506_04
ここまでショートカット。巣はこのすぐ左です。

100506_05
ほぼ完成した巣に、近くの古い巣から何かを咥えて運んできました。子リスへの期待が大きい私には、これが子リスに見えてしまいましたが、後で拡大すると実は杉の皮を裂いて丸めた内装材^^。これが巣の中でふかふかのベッドになりますが、再利用するようです。この日は、これを6個運んで巣に押し込んで終了。リスは食べ物を探しに行きました。

ということでこの記事は終わるはずでした。ところが、

その後も毎日のように巣の近くを通る度に様子を伺っていると、今朝(5月6日)になってようやく、

100506_06
引っ越しするつもりになったようです^^。母リスは子リスのお腹のあたりを咥えていて、子リスはしっかりしがみついてますね。頭がこちら側で顎の下に隠れていて耳が少し見えてます。

100506_07
木に登って新居へ。子リスの小さなしっぽがかわいいですね。

100506_08
このまま巣の中へ押し込みます。その後、さらに別の子リスを運ぶはずなので、追いかけて古い巣を特定しようとしましたが途中で見失いました。作る時に内装材を再利用した巣とは逆方向なので、古い巣はそれとは別のようです。

100506_09
見失ったので、また新居のある木の近くで待ち構えていると、別の子リスを咥えて来ました。今度はしっぽをこちら側にして子リスを咥えてます。この日、見た限りでは三匹の子リスを新居に運んだ後、親は古い巣の方に行ったまま30分以上経っても戻ってこなかったので、多分これで引っ越し終了。

後何日かすると子リスが巣から出てきてチョロチョロ動くようになるはずなので楽しみです。でも、結局また別の巣に引っ越してどこにいるかわからなくなった、というのもよくあるんですよね^^。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

春の紅葉とヒヨちゃん、その他

100505_01
タイトル通り、春の紅葉にヒヨドリです。

100505_02
別の枝に移動したところで、ゆっくりと近づいてみました。どちらも今日5月5日撮影です。ここだけアップで撮ると微妙に季節外れの感がありますが、若葉の状態が赤い種類の楓です。この後夏には一旦緑色になってから秋に再び紅葉します。

100505_03
こちらは、普通に若葉が緑色の楓。とまっているのは、やっぱりヒヨちゃん。舌が見えてますね。(5月1日撮影)

100505_04
おまけで、カワラヒワ。いつもは近寄らせてくれないのですが、この日はたまたま近くに。(5月5日撮影)

100505_05
さらにおまけ、すっかり夏モードのシメ。くちばしがメタリック^^。4月30日撮影。
連休中に撮影した大量の写真は後処理が全然追いつきません。ぼちぼち整理しながらブログに載せていきます。

ちなみにこんな感じでワークフローを回してます。
1.RAW+JPEGでひたすら撮る
2.JPEGを使って選別、1~2割を残して削除。
3.残したJPEGに対応したRAWを現像してJPEG化する。
4.JPEG化したら、RAWは削除。よっぽど気に入ったものはRAWでも残します。
一番時間がかかるのが2の手順。連写しまくると後が大変です^^。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »