« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

冬の準備で忙しい一文字ママ

冬場の食糧確保に大忙しの一文字ママの活躍をまとめて掲載。動画も二本。

101030_01
栗を拾いました。周囲には大量の栗の実が落ちています。ここは公園なので大半は人間に拾われてしまいますが、まだまだ沢山残ってます。

101030_02
栗をくわえてこちらに走ってきて、

101030_03
地面に穴を掘って埋めるようです。

101030_04
何かに驚いて立ち上がったところを後ろから撮影。この向きだと左目の上の一文字の傷がよく見えます。

101030_05
お仕事の後はお腹がすくようで、杉の木の奥に隠れてクルミを食べていました。


巨大なカシグルミが落ちているのを見つけて一直線に走ってきました。緑色の外皮をちゅるっと剥いて、咥えて持って行きます。その後、冬の間の大切な食糧として地面に埋めて隠します。


他のリスが埋めてあったクルミを掘り出して、また別の場所に埋め直します。他人のモノは自分モノ、というよく見かけるリスの行動の一つです。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月29日 (金)

足の裏を見せてくれました

木から降りてきたところで、こちらに気付いたようで、

101029_01
一瞬かたまった後、

101029_02
胸に手を当てて警戒ポーズ。

101029_03
数秒後、やっぱり警戒を解いたようで活動再開しました。前に埋めたクルミをチェック中かな。

101029_04
結構近く(5mぐらい)ですが顔なじみだと思ってくれたのか、

101029_05
平気で活動継続しています。食べ物を探してるような感じです。

101029_06
移動途中で、足の裏の肉球をチラッと見せてくれました。後脚は5本指です。ちなみに、前足は4本指。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

キノコをパクっと、動画あり

秋はキノコの季節です。ということで、もう何度もブログに載せてますが、またまたキノコを食べるリスです。

101024_01
キクラゲのようなキノコをパクっと。この子は最近個体識別できるようになった子で、左耳がVの字に欠けていて、右耳にも小さな欠けがあります。左耳の欠け方がVの字ママとは微妙にちがっていて、Vというより、ギリシャ文字のγのようななので、名前はガンマ君、ということで^^

101024_02
顔を上げたガンマ君。この子は多分男の子。

101024_03
同じくガンマ君、今度は枝に付いたキノコをパクっと


この子はガンマ君とは別個体。積み上げてある剪定した枝の隙間からキノコを見つけてきました。裏側のひだ状の部分だけ食べてポイ。味がお気に召さなかったのかも。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

瞳の中の風景

いつもの散歩の途中、遊ぼっ、という顔でこちらを見つめるわんこの顔が可愛かったので写真を撮ろうとしたら、瞳の中に写りこんでる風景がいい感じ。

101023_01
ということで、可愛い顔はそっちのけで最大倍率でマクロ撮影しました^^。さらにトリミングして切り出したのがこれ。わんこの視線だとこんな感じに見えてるのかな。ちなみに写してる私は中央少し右で影になってる木の前にいます。瞳から1m離れての換算600mm超望遠マクロ撮影なので、人間が小さく写って景色がよく見えるわけで、普通のマクロレンズで近付いて撮影するとこうはいかないと思います。このレンズ(OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED70-300mmF4.0-5.6)の遊べるポイントを一つ発見。

101023_02
ついでに鼻先と舌も^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

溺れるスズメバチ

今年の秋は、あちこちでスズメバチに刺される被害をよく聞きました。あまり近寄りたくないスズメバチですが、単独で吸蜜してる時ならまず大丈夫。このレンズ(OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED70-300mmF4.0-5.6)なら、1m以上離れてのマクロ撮影になるので、蜂とか撮るには最適かも。

101022_01
アレチウリの蜜を吸ってる、多分キイロスズメバチ。10月初めに自宅のすぐ近くで。

101022_02
これは先週末に見かけたキイロスズメバチか、もしかしたらモンスズメバチかも。私にはこれ以上の判別は無理^^。駐車場脇の水溜りで溺れているようでした。

101022_03
試しに枝を浮かべてみると乗ってきました。

101022_04
でも、なぜかすぐに離れて行ったので、単なる水浴びかも、とか思ってしばらく見てたのですが、

101022_05
やっぱり溺れてるようにしか見えなかったので、枝を差し出して地面に出してやりました。その後、羽を乾かしていたのかしばらく動かなかったので、近くでマクロ撮影しまくってると突然飛んで逃げて行きました。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

クルミ割りの上手下手、動画で比較

クルミを割るのが下手なリスと上手なリスがいるのは、以前にも紹介しましたが、動画で見るとその違いがハッキリと分かります。先週末にたくさん撮影したものを整理して、「完璧に真っ二つ」、「ちょっと下手で細かく割る」、「全く歯が立たない子リス」、という三匹を動画で比べてみました。


まずは上手なリスから。この子は完璧に真っ二つに割ります。削り始めたのを見つけて斜め後ろから近付くと、何かに驚いて別の場所に移動しました。しつこく追いかけると、また元の場所に戻って今度はこちらに向いて続きを削り始めてサービス満点です。器用にクルミをぐるぐる回して縫合線に沿って一周分溝を掘ります。そして力を入れると音もなく割れてしまいました(01:18)。割れた半分をひっくり返して上下に重ねて、上から順番に食べます。上半分を食べ終わったら空の殻をポイッ(01:28)。また何かに驚いたように顔を上げて(01:45)、さらに下半分もポイして、カメラ目線のまま後脚で頭の後を掻いて、逃げて行きました。10分ぐらいの出来事を2分の動画に編集してます。


この子は割るのがちょっと下手。クルミにはほぼ一周分の溝が出来てるのに、なぜか横に追加の溝を掘り始めました。そうやって殻を少しづつ割っては中身を食べていきます。


この子が頑張ってクルミを削ってるのはわかります。でも最後(編集前は10分後)までクルミには変化がありません。10分削っても溝はほとんど見えてないし、それ以前に削りカスさえ見えないので全然歯が立ってないようです。クルミ割りの経験の少ない子リスで、冬に備えて特訓中なんでしょう。頑張れ~^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

シジュウカラ、クルミを食べる

リスを撮影しようとして木のそばで息を殺してしていると、突然シジュウカラやエナガの群れがすぐ近くにやって来ることがあります。

101016_01
この時もリスがクルミを割ったり埋めたりしてるのを撮影していたら、数羽のシジュウカラが近くに来て地上で活動を始めました。ということで、リスはそっちのけでシジュウカラの方を撮影。ある意味贅沢かもしれませんが、この公園では、シジュウカラをこの距離で見る機会の方が少ないので^^

101016_02
何をしてるのかと思っていたら、いいものを見つけたようです。リスが食べた後のクルミの殻、底の方にまだ少し実が残ってます。

101016_03
殻の中に頭を突っ込んで、

101016_04
白い実のかけらをゲット。リスからのお裾分けを頂きました。意外なところでリスとシジュウカラのつながりを感じた場面です。シジュウカラにとってもクルミは結構ご馳走なのかもしれません。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月15日 (金)

立ち上がって回りを警戒

最近撮影した中から、リスが立ち上がって警戒する場面を集めてみました。

101015_01
クルミを埋める場所を探している時に、何かに驚いて立ち上がりました。

101015_02
次の瞬間、腕をぐいっと引き上げてさらに少し伸び上がりました。遠くを見たかったのでしょう。

101015_03
草むらの中でも立ち上がります。

101015_04
うしろも警戒しなくちゃ。


最後に、動画で立ち上がる場面を。登場するのはいつもの一文字ママ。クルミを咥えたまま、時々立ち上がって回りを警戒しながらカメラに近付いてきます。木の陰から出たところで突然何かに驚いて立ち上がって固まります。一瞬だけ動いて、今度はカメラ目線で立ち上がります。しばらくウロウロした後、少し遠くに行ってクルミを埋めました。動画の最後の数秒間は、カメラのすぐ近くで一文字ママが別のリスに遭遇して、鳴き声と共に逃げて行った場面です。速すぎてリスが全く写ってませんが、鳴き声が入ってるので、聞いてみてください。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

腰を振ってクルミを埋めます、動画もあり

ホンドリスは、冬の間の食糧としてクルミをあちこちに埋めます。貯食行動と呼ばれるもので、この時期さかんにやっています。

101012_01_2
穴を掘って、そこにクルミを押し込みます。その時に腰を振ってぐぐっと押しこむのがとても可愛い動きなのですが、写真では伝えきれないので後のHD動画を見てください。

101012_02_2
クルミを埋めた後、土や落ち葉を被せて隠します。この仕草がまたまた可愛いのですが、これも動画で出てきます。

101012_03_2
隠すところを正面から。

101012_04_2
3mぐらい前にカメラがありますが、あまり気にしないというか、それどころではないようです。冬の間の生活かかってるので頑張ってます^^


この三連休に、普段は散歩には持って行かないビデオカメラを引っ張り出してHD撮影してきました。これは10月10日撮影。写真はすべて手持ち撮影ですが、動画にはやっぱり三脚が必須ですね。


クルミを埋める場所を探しながら近くにやって来ました。10月11日撮影。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

子リスはクルミ割りが下手、巨大クルミと格闘中

巨大なカシグルミを咥えてきて、この場所で食べ始めました。

101011_01
まずは緑色の外皮をむきます。

101011_02
普通なら、手に持ってぐるぐる回しながらペラッと皮を剥いてしまうのですが、この子は手に余るかのように枝の根元に置いています。この時点ですでにヘタさが如実に現れてますね。多分クルミ割りがまだヘタな子リスなんでしょう。

101011_03
もうちょと…、始めてから4分ぐらい経っててまだこの状態。

101011_04
この写真は、一枚目の14分後。ようやく中身を取り出して、ガシガシと削り始めたところです。

101011_05
その後、いったん別の枝に移動。少し撮影しやすくなって、さらに近づきました。これで一枚目の25分後。

101011_06
ふ~、疲れたのでちょっと休憩、みたいな。ずっと見ているとイライラするぐらいヘタです。上手なリスは、縫合線に沿って溝を作って真っ二つに割るのですが、この子はちょっと適当すぎ。殻の薄いカシグルミでこれだから、オニグルミを割るにはもっと練習しないといけないようです。

どうなるか最後まで見ようと思っていたのですが、ここで別のリスがやって来たので木の上の方に逃げて行ってしまいました。さて、この子は無事食べられたのでしょうか?

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

お久しぶりのVの字ママ、と多分その子供

かなり久しぶりにVの字ママ(元Vの字君)を見かけました。

101010_01
左耳がVの字に欠けてるのでVの字君、その後子育て中の母リスとわかったのでVの字ママ、私が個体識別できる数少ないリスです。細い枝の上でクルミを食べてるところに接近しました。

101010_02
そこへ、別のリスがやってきて、Vの字ママの近くを纏わり付くようにウロウロしています。その子から逃げるようにVの字ママは木に登って行きました。様子からするとこの子は多分Vの字ママの子供なんでしょう。その後もしばらく近くをちょろちょろしてました。
 そのクルミちょうだい。
 ダメ、自分でなんとかしなさい。
みたいな指導的会話がされたと勝手に想像してます。

101010_03
これもその子リス(多分)ですが、ちょっと子リスにしてはふてぶてしいような…

101010_04
イマイチ特定はできませんが、そういうことで^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

今年の蝶コレクション、その2

昨日に続けて、今年の春~秋にかけて撮影した蝶をまとめて掲載、二回目。

101008_01
まずはどこにでもいるモンシロチョウですが、ピクセル等倍で見てもばっちり解像感があったので、嬉しくて少しトリミングして高解像度であることを強調しています。写真をクリックすると、別窓でさらに拡大します。

101008_02
よくモンシロチョウと間違えられるという、スジグロシロチョウ。吸っているのは特定外来種アレチウリの花。

101008_03
同じくスジグロシロチョウ。飛んでる蝶の撮影は数で勝負で、かなりの数撮影してるのですが、まともに撮れたのは今シーズンはこれだけ、みたいな^^

101008_04
これもどこにでもいるモンキチョウ、吸っているのは再登場のアレチウリ。
近所にこれが大量に生えている場所があって、そこは私にとっての蝶の撮影スポット。でも、そこは文字通りの「荒れ地」で、ここまで荒れ放題になると、いくらなんでも何とかしなくちゃ、とは思うのですが他人の土地なので手も出せず、道端から撮影だけさせてもらってます。

101008_05
ここからは、シジミチョウのシリーズで、まずはヤマトシジミ。

101008_06
羽の内側の瑠璃色は見えないけどルリシジミ。

101008_07
羽の後のしっぽ状の突起がかわいい、ツバメシジミ。

101008_08
ベニシジミ、花はヒメジョオン。羽を広げてる方が綺麗なのですが、いい写真がなくて。

101008_09
ジャノメチョウの仲間は地味なのが多いですが、これは少し見栄えのするヒメウラナミジャノメ、近所にやたらといます。

101008_10
最後にキタテハ、日当たりのいい場所だけど、ちょっと羽が陰に。もう少し前に出てきて欲しかったけど思うようには動いてくれませんね。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

今年の蝶コレクション、その1

リスと野鳥だけでなく、蝶も少しづつ撮影しています。何しろ同じレンズ(OLYMPUS ZUIKO DIGITAL ED70-300mmF4.0-5.6) でどちらも撮れてしまうので^^。ということで、今年の春~秋にかけて撮影した蝶の写真を整理したのでまとめて掲載、一回目。

101007_01
まずはヒョウモンチョウのシリーズ。ヒョウモンチョウの仲間の同定は私にはとても難しいです。とりあえず見分けるのが簡単なところから、この子はミドリヒョウモン。この写真では判別困難ですが、別の失敗写真に写った裏側の色パターンからバッチリ特定できました。

101007_02
続けてツマグロヒョウモン。羽の後端が黒くなってるのが特徴で、これも見分けやすいですね。

101007_03
ここからは、イチモンジチョウの仲間を。この子はイチモンジチョウって、そのままの名前ですが。

101007_04
続いてアサマイチモンジ、初めはイチモンジチョウかと思っていましたが、微妙に模様が違います。白いVの字の上端のすぐ内側に、白斑があるかどうかで決まるようです。

101007_05
コミスジ、今度は白いラインが三本に。やたら沢山飛んでいました。

101007_06
ホシミスジ、これも大量に飛んでるのですが、今年の写真の中にはいいのが見つからなかったので、去年のを。コミスジとの違いは、一番前の白斑の並びが
------*、ってなってるのがコミスジ
---****、なのがホシミスジ

101007_07
さて、ここまできて、この子もイチモンジチョウの仲間だと思いませんか?私はずっとそう考えていました。フタスジチョウに似てるけど微妙に違うので、私にとってしばらく謎の蝶でした。図鑑を見ても全然載ってなくて、もしかしたら珍しい蝶なのかな?とか考えていましたが…、

結局、図鑑で見るページを間違えていた事が判明。ヒョウモンチョウの載ってるページにいました。実はヒョウモンチョウの仲間で、メスグロヒョウモンの♀だとか。♂の方は図鑑によると一枚目のミドリヒョウモンと似たような色パターン(実物は見たことないですが)で、それがメスグロ~の名前が示す通り、この種はメスだけこんな模様だとか。そりゃ知らんと判らんって^^チョウ同定の落とし穴の一つだとか。

101007_08
今度はセセリチョウシリーズ、まずはスジグロチャバネセセリ。とまっているのは、ホタルブクロの花。

101007_09
オオチャバネセセリで、アザミが好き。

101007_10
イチモンジセセリ。この二種類のセセリチョウが近所にやたら多くいます。見分け方は、後翅裏側の4個の白斑が、真っ直ぐ「一文字」に並んでいるのがイチモンジセセリ、互い違いに並んでいるのがオオチャバネセセリ、だとか。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

オニグルミの割り方、人間が割る場合

クルミが旬の時期です。今朝も50個程オニグルミを拾ってきました。木によって豊作なのと全然ダメなのがあるのですが、私が拾ったのは、多分この公園で今年最も豊作な木の下。ところがこの木では全くリスを見かけません。まだ気付いてないのかもしれませんが、下にも大量に落ちていて、枝にもまだ大量に実が付いているので、これから来てもまだまだリスの分はありますよ。

ところで、このブログには「クルミの割り方」を検索してアクセスしてくる人が結構います。それでよくヒットするのが、【正しいクルミの食べ方】と【クルミの割り方】のページ。なぜかグーグルでも結構上の方に表示されてます。

人間が割って食べる方法を調べているつもりが、リスが食べてる写真を見つけてがっかりする人もいると思いますので、今日は人間向けのオニグルミの割り方を紹介しておきます。ネット上では、水に付けてからプライパンで炒るという方法がよく紹介されてます。確かにそれだと真っ二つには割れるのですが、実はその後どうやって中身を取り出すの?という大きな問題が残っています。これから紹介する方法は、色々検索しても見つからなかったので、私のオリジナルなアイディアかもしれません。でも、そんなの当たり前、知ってるよ、という方がいたらすみません。

【用意する道具】
シャコ万力、ニッパー、以上。机にくっついている普通の万力が使える方はそれでもいいでしょう。

101002_01
この向き(とんがっているのが右)でシャコ万力に挟んで、じわ~っと締め付けるとバキバキっという音とともにヒビが入ります。ここで、バラバラになるほど締めてはいけません。最初にバキっと音がした後にもう一締め、ぐらいがいい感じ。シャコ万力(クランプ)は100円ショップでも売ってますが、それだとオニグルミに対して弱すぎ(実際に壊れました)なので、ホームセンターで売ってる丈夫なのでやりましょう。それでも1000円以下で買えます。

101002_02
ここで登場するのが、秘密兵器「ニッパー」^^、これは安物で十分でしょう。

101002_03
万力で作った割れ目にニッパーの先を突っ込んで、殻を外側から少しずつ割ってバラバラにして剥いていきます。写真は手前の部分を割って剥がしたところ。万力でヒビを入れる前だとニッパーでは歯が立ちませんが、いったんヒビさえ入れてしまえば、ニッパーを突っ込む所は結構あります。オニグルミの殻は二重構造なので写真のように隙間が結構あるんです。慣れて来るとツボ的な場所(その場所を割ればかなりの面積が一気に取れるいい場所)が見つかると思います。肝心なのは中央部の隔壁で、そこがうまく取れれば下の写真のようにほぼ完全な形で中身が取り出せます。

101002_04
この方法のいいところは、中身がバラバラにならないこと。うまくいけばほぼ完全な形で、慣れれば二分割ぐらいは普通に、悪くても4分割ぐらいで取り出せます。注意点としては、ニッパーでバキっと割ったときに破片が思いっきり飛ぶことです。自分に向かって来ることもあるので、保護メガネをしておいたほうがいいでしょう。また、破片はかなり遠くまで飛ぶので、屋外でやったほうがいいかもしれません。

最後に、リスがクルミを割ってる写真を。一応「リスと野鳥のブログ」なので^^

101002_05

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »