« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月25日 (月)

至近距離で突然リスに出会ったら

ここのリス達は、餌付けされてる訳ではないので、どこかのエゾリスのように餌を求めて人に近付いて来ることはありません。でも人通りが結構ある公園なので、人間の存在にはそれなりに慣れているようです。見通しの悪い角を曲がると突然目の前の地面にいるとか、見通しは良くても気が付かないまま近付いてしまってふと見上げると目の前の枝にいるとか、そういうことはよくあります。

後者の場合は、リスの方が先に人間に気付いているはずだけど、それでも逃げないのは、リスに気付いてない人間はそのまま通り過ぎると学習した結果でしょうか。実際、リスを気にせず通り過ぎる高校生とかは無視してるし。

でも、こちらがリスを探そうとして、それなりにアンテナを高くしてる時は、やっぱりある程度近付くと気配を感じて気付いてしまうんですよね^^

そういう突然の遭遇の際にリスが取る行動は、ほぼ次の3パターン。
1.驚いて逃げる。やっぱりこれが一番多いのは仕方ないですね。
2.その場で固まって、人がいなくなるのをやり過ごす。これもよくあるパターン。近くで写真は撮れますが、動かないのでイマイチ(ある意味贅沢な^^)。
3.いったん葉っぱの奥や幹の裏側に隠れて、人がいなくなるのをやり過ごす。今回の記事はこのパターン。

130325_01
5mぐらいの距離で、幹の隙間から顔を出してこちらの様子を伺っているリスに気付いてしまったのですが、これを撮った直後リスは顔を引っ込めました。

こうなった時、無理に幹の裏側を覗こうとして回り込むと、まず逃げられます。かといって、しばらく待っても動きはないので、リスは幹の裏を伝ってどこかに行った(実際、そういうこともありますが)、と思ってその場を去ればリスの思う壺^^

実際には幹の裏側に張り付いたまま、人がいなくなるのをひたすら待ってる訳です。こうなると根くらべで、先に動いた方が負け。でも、どうせ木の裏側にいて見えないのだから、ゆっくりと音を立てないように、少しだけこの木に近付かせてもらいました。

さて、こちらも気配を消して待つこと3分程、とうとうリスが出て来ました。目の前にいる人間は危険じゃないと判断したのかどうか実際は分かりませんが、と にかく至近距離(この時は3mぐらい)で人間の存在は無視して「普通に」行動するようになりました。もちろん、気付いてはいて、それなりに警戒はしてるの でしょうが、これだけ近くで自然な姿を見せてくれるのは嬉しいものです。

130325_02
1枚目の右上にある枝に移動しました。ここに何か隠してあったのでしょうか。

130325_03
でも、やっぱり無かったようです。

130325_04
周りを警戒している様子だったので、このまま逃げられるかとも思ったのですが、

130325_05
そのまま、この場所で毛づくろいを始めました。ここで1分ぐらい身だしなみを整えた後、木から降りて来て、

130325_06
食べ物を探します。

130325_07
んー、この辺に何かありそうな…、

130325_08
クルミ発見^^
この後はクルミを咥えて木に登り、いつものように食べ始めました。

やはり、近くで撮影するには、こちらから寄って行くのではなく、向こうから自然に来てくれるのを待つのがよろしいようで。これは野鳥撮影でも同じことですね。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

長くて大きな松ぼっくり

クルミの大木の枝で、何か細長いものをかじっているリスを発見。

130318_01
長さは20cmぐらいで、松ぼっくりのようなものです。これを撮ったすぐ後、この子は何かに驚いた様子で、松ぼっくりをその場に置いて、この木を駈け降りて少し離れた場所で食べ物を探し始めました。そこで、この松ぼっくりに近付いてよく見てみることに。

130318_02
それがこれ。多分ドイツトウヒの松ぼっくりで、ここから30mぐらい離れた場所にある木から持ってきたのでしょう。

130318_03
そういえば、そのドイツトウヒの木にいるリスを撮ったことがある、というのを思い出して、在庫を探して見つけたのがこれ。去年の3月に撮ったもので、この時は松ぼっくりをかじり取ったわけでもなく、ちょっと様子を伺ってすぐに別の場所に移動したと記憶してます。なので、この細長い松ぼっくりはあまりお好みではないのかと思っていました。でも、今回のように食べることもあるようですね。

さて、この枝の上に置かれた松ぼっくり、後で取りに来るだろうからその場面を狙おうかとも思ったのですが…、この時は周辺で数頭のリスが活動していて色々と誘惑が多くてそちらを撮影することに。

130318_04
近くのカラマツの枝の奥でクルミを食べてたり、

130318_05
すぐ近くに来て、地上の枯れ枝に登ってポーズを決めてくれたり。そういうのを楽しく撮影していた数分間で、この松ぼっくりは消えて無くなっていました。

しまったー、せっかく三脚とビデオカメラ持って来てるんだから動画を撮りっぱなしにしておけばよかった、と後になって気付いたのでした^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

クルミ割りを逆光で

最近、この場所でクルミを食べてるリスをよく見かけます。

130307_01
以前掲載した、「耳毛の個体差、もしかして子リス?」で紅葉を背景に撮影したのと同じ場所です。距離は5mぐらいですが、リスとの間には小さな谷があって、フェンスで遮られてこれ以上は近付けないため、安心してクルミを齧ってるようです。クルミの削りカスもたくさん溜まってますね。

しばらく見ていると、リスの背後から日が差してきました。130307_02
しっぽだけピカピカに輝いています。リスがクルミを割ってる間は、ゆっくりと撮影できるので、背景や構図を考える時間がたっぷりあります。そこで、もっと逆光で輝くリスを撮ろうと思って、少し左に移動してみました。

130307_03
とりあえずこんな感じ。うーん、もう少し左に寄った方がよさそう。

130307_04
この角度がいい感じ。リスのお尻がかかっている幹で太陽を隠してるぐらいのド逆光で、しっぽだけでなくヒゲや輪郭も輝いてます。

ということで、続きはこのアングルで動画を撮ることに。延々とクルミを割ってるだけの動画ですが、なぜか自分で見ていても飽きなかったので、5分間ノーカットでそのままアップしてあります。


早朝の静かな森の中、近くを流れる小川の音をベースに、少し遠くを走る車とか、クルミを噛る「シャカシャカシャカ」という音(最初の30秒間がよく聞こえます)とか、アカゲラが左から右へ飛んで行く時の声(2:00~)とか、色々入ってます。最後は割るのを諦めてしまい、粉だらけになった口の周りを枝に擦りつけて、手の周りもお手入れして、伸びをしてから去って行きました。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

雪のない場所を選んで食べ物探し

雪が積もると、リスや野鳥達は食べ物を探すのが大変になってきます。やっぱり雪の無い場所の方が探しやすいようで、融けて地面が露出した場所でよく見かけます。そんな場所で待ち構えていれば、向こうから近くに来てくれるので撮影も楽です^^

130303_01
昨日の記事に載せた日当たりのいい斜面。そこが最近のリス達のお気に入りの場所で、よく集まってきています。すぐ近くで地面を掘ったりクルミを齧ったりする場面が見られて楽しいのですが、実際には必死で食べ物を探していて人間を気にする余裕がないんでしょうね。

130303_02
そうは言っても、こんな風に近くで目が合ったりすると、もう笑っちゃいそうなぐらい可愛いですよ。こういう場面はやっぱり動画で、フルHDでどうぞ。

リスだけでなく、野鳥も露出した地面に集まってくるのをよく見ます。そんな中でも一番近くに来てくれるのがハクセキレイ。こちらも動画でどうぞ。


実はこれ、一年前に撮影したものです。去年の雪はどんな感じだったかなと思ってHDDの中を探していて見つけました。撮りっぱなしですっかり忘れていたようです。

前半は公園のトイレの屋根の上で、入口のすぐ前から撮影しています。普通ならこんな場所に三脚立ててカメラを構えるのはいかがなものか、と思うのですがこのトイレは冬季閉鎖中なので大丈夫^^です。後半は地面に降りてきて、目の前3mぐらい。撮影している私の頭の影が時々写っていますが、それぐらい近くに来ています。時々アカゲラのドラミングが聞こえる静かな森の中です。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

静かになった森の中、ひなたぼっこ

リス達の恋の季節も終わり、森の中は静かになってきました。

130302_01
こんな風にリスの巣の上にも雪が積もった中、雪を蹴散らしながら追い掛けっこをする場面を撮ろうと待ち構えたりもしましたが、結局は上手く行かずに今では追い掛けっこ自体あまり見かけなくなりました。

130302_02
最近の静かな森で見かけるリスはクルミを食べてることが多く、写真は撮りやすいのですが、動きは少なめです。

130302_03
こんなのとか。

130302_04
冬場の見通しの良い森でも、じっとして動いてないリスは見つけ難いものです。この子は、雪の上で活動した後にここで休んでいるのですが、もし最初からここにいたら多分気付かないまま通り過ぎたと思います。保護色だし、かなり遠かったし^^

130302_05
10分後もこんな感じでほとんど動いていません。幹に張り付いてひなたぼっこでもしてるのでしょうか。

130302_06
先週の雨もあって、日当たりの良い場所では雪がなくなってきています。そんな木の根元でクルミを食べているリスを見つけたのですが、全くの逆光なので反対側に回り込むように近付いてみました。

130302_07
その間もずっとクルミ割りに集中していたようで、かなり近くまで寄ることができまいした。反対側から見るとこんな感じで、とても暖かそうな日当たりのいい斜面です。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »