« クルミ割りを逆光で | トップページ | 至近距離で突然リスに出会ったら »

2013年3月18日 (月)

長くて大きな松ぼっくり

クルミの大木の枝で、何か細長いものをかじっているリスを発見。

130318_01
長さは20cmぐらいで、松ぼっくりのようなものです。これを撮ったすぐ後、この子は何かに驚いた様子で、松ぼっくりをその場に置いて、この木を駈け降りて少し離れた場所で食べ物を探し始めました。そこで、この松ぼっくりに近付いてよく見てみることに。

130318_02
それがこれ。多分ドイツトウヒの松ぼっくりで、ここから30mぐらい離れた場所にある木から持ってきたのでしょう。

130318_03
そういえば、そのドイツトウヒの木にいるリスを撮ったことがある、というのを思い出して、在庫を探して見つけたのがこれ。去年の3月に撮ったもので、この時は松ぼっくりをかじり取ったわけでもなく、ちょっと様子を伺ってすぐに別の場所に移動したと記憶してます。なので、この細長い松ぼっくりはあまりお好みではないのかと思っていました。でも、今回のように食べることもあるようですね。

さて、この枝の上に置かれた松ぼっくり、後で取りに来るだろうからその場面を狙おうかとも思ったのですが…、この時は周辺で数頭のリスが活動していて色々と誘惑が多くてそちらを撮影することに。

130318_04
近くのカラマツの枝の奥でクルミを食べてたり、

130318_05
すぐ近くに来て、地上の枯れ枝に登ってポーズを決めてくれたり。そういうのを楽しく撮影していた数分間で、この松ぼっくりは消えて無くなっていました。

しまったー、せっかく三脚とビデオカメラ持って来てるんだから動画を撮りっぱなしにしておけばよかった、と後になって気付いたのでした^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

|

« クルミ割りを逆光で | トップページ | 至近距離で突然リスに出会ったら »

ホンドリス」カテゴリの記事

ホンドリス(お食事中)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(^^
やっぱりヨーロッパの味は、お口に合わないんでしょうねw

写真からも早春の雰囲気が伝わってきます。
こちらもスノードロップが蕾になって、福寿草も
だいぶ大きくなってきました(^^

子リスの季節が楽しみですね♪

投稿: bluem | 2013年3月19日 (火) 07時58分

bluemさん、コメントありがとうございます。

ドイツトウヒっていうぐらいだから、やっぱり欧州の
味なんでしょうね^^

ここにはヒマラヤスギもたくさん植えてあって、その
巨大な松ぼっくりもあんまり食べないみたいだし、
大陸の味も口にあわないのかもw

それより、ここでは一番多いカラマツの、あの小さな
松ぼっくりをチマチマと食べてるのは時々見かけます。
やっぱり純国産が好きなのでしょうか^^
(カラマツは日本の固有種)

投稿: リスのしっぽ | 2013年3月20日 (水) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535721/56985572

この記事へのトラックバック一覧です: 長くて大きな松ぼっくり:

« クルミ割りを逆光で | トップページ | 至近距離で突然リスに出会ったら »