« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

そろそろ夏らしく

6月末になって、森の中がかなり夏らしくなってきました。

130630_01
クルミも見た目は完成してますが、まだ中身は固まってないのでリス達が採って食べる場面を見かけるのはもう少し先かな。

130630_02
ということで、埋めてあった去年のクルミを未だに食べてるようです。この子は春に生まれた子リスで、クルミを上手く割れなくて時間をかけて削っていましたが、結局途中であきらめてしまいました^^

130630_03
クルミにはちょっと早い今の時期、リス達がよく食べてるのが桑の実。

130630_04
口の回りを赤くしながらいっぱい食べてます。桑の実にはリスだけでなく、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリなどの鳥達も集まってきています。先日のコムクドリも親鳥が桑の実らしきものを運んできていましたが、この木から採って行ったのかも。

130630_05
最近では下草が50cmぐらいに伸びて、草むらにリスがいてもほとんど見えなくなっていました。でも、ここは公園なので人が通るあたりは草刈りしてくれます。リスにとっては丸見えになっていやかもしれませんが、おかげで写真が撮りやすくなりました^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月21日 (金)

コムクドリの巣の場所は

少し間があきましたが、コムクドリ第三弾
それで、なぜこんな近くにカメラが設置できたかというと

130620_01
巣があるのはこんな場所だからです。巣穴は地上約70cmで、穴の前は平らな地面なので好きな所にカメラを置き放題^^やろうと思えば(やりませんけど)巣穴に小さなカメラを突っ込むことだってできてしまいます。ここまで地面に近いと、猫とか、キツネとか、蛇とか心配ですが、とりあえず巣立ったので大丈夫だったようです。

普通なら、こういう状況でも巣穴に近付くのは躊躇するものですが、この場所は人通りも多くて巣穴のすぐ前を気付かずに通る人とか、木にもたれかかる人までいるので、カメラを置きに行くぐらいは全然平気です。

なにしろこんな状況ですから、という動画をどうぞ。


巣穴から5mぐらいの場所にカメラを置いて、動画を撮りっぱなしにして、私はリス撮影に公園を回っていました。後で回収して動画を見てみると、こんな感じで人間が写っていましたよ^^みんな集中しているようで、巣穴にもカメラにも気付かずに通り過ぎてますね。

動画を見れば分かるように、ここはマレットゴルフコースの真ん中です。グリーンを狙うには、巣穴のある木のすぐ横をかすめるように打つので、ボールが木に当たることだってよくあります。

最後に、巣立ちの場面をどうぞ。


巣立ちはまだ先だと思い込んでいたので、この日はやや遅めにこの場所に。少し引いた絵も撮ろうと思って、白いニセアカシアの花がいっぱい落ちてる地面も入れてカメラをセットしました。でも動画を撮り始めても、親鳥がなかなかやってこないんです。巣穴からは雛の声も聞こえてるし、時々顔も出してるのでどうしたんだろうと思って見ていると…、

親鳥が巣の前の地面に来て一声鳴くと、雛は外に向かって飛び出して、あっさりと巣立ってしまいました。

その後、巣穴から声もしなくなり、親鳥も全く来なくなったので中を覗きこんでみると空っぽでした。今のが最後の一羽の巣立ちだったようです。もう少し早く来ればよかったと後悔しましたが、まあ巣立ちが見られただけ良しとしましょう^^

無事に育ってほしいものです。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

コムクドリ巣立ち直前2013

昨日のコムクドリの続きです。

いきなりネタバレすると、昨日のコムクドリ写真は動画からの切り出しです。さすがに巣から2mの距離で人間がカメラを構えていると、親鳥も餌を運んで来なくなるので、ビデオカメラを巣の近くに設置して人間は離れた場所で観察しています。ということで、その元動画をどうぞ


これは巣立ちの3日前です。親鳥は色々な食べ物を運んできます。動画から確認できるだけで、木苺のような(たぶん桑の)実、脚が長くて羽が広い茶色い虫、赤茶色で丸い(柔らかそうな)木の実、青くて小さなイモムシとか。雛に食べさせた後は、糞を巣から運び出します。

>
巣立ちの2日前で、前の日より雛が頻繁に顔を出していました。昨日の写真はこの動画の、開始45秒と、1分38秒あたりを切り出したものです。

近くで撮るのはビデオカメラに任せておいて、離れた場所から高速シャッターで巣穴への飛び込と飛び出しの場面を狙ってみました。こちらは、森の中も暗くて高感度撮影が苦手なE-5には辛いところです。しょうがないので写真は小さめに縮小してあります。

130616_01
130616_02
130616_03

ちなみに、巣穴があるのは下の写真のニセアカシア(ハリエンジュ)の木で、房状の白い花がちょうど満開の時期です。
130616_04_2

さて、それではどうして巣穴のこんな近く(2m以内)にビデオカメラが設置できたのでしょうか?続きは次回、また引っ張ります^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

ごはん、ちょうだい

色々あって、ブログ更新がすっかり滞ってしまいました。子リス達は散り散りになって活動することが多くなり、葉っぱが茂って写真も撮りにくくなって来ている今の時期、あちこちでよく見かけるのが子育て中の野鳥です。ということで、鳥ネタで再開。

130615_01
まずはカラスから。親鳥が何度も食べ物を咥えて飛んできていました。

130615_02
3羽の幼鳥は、もうすっかり大きくなって巣立ち直前。巣からはみ出していて、この日も巣の左にある小枝の上を歩いたり、羽ばたいて一つ上の枝に飛び移ったりしてました。これを撮った数日後には、この幼鳥たち(多分)が数十m離れた木の枝で、親鳥から食べ物をもらっていました。

130615_03
これは親カラス。ヒメジョオンの咲く草むらで食べ物を探していた所に近付いてみました。こうやって花に囲まれていると、カラスでも可愛さ100倍ですね^^

130615_04
次はムクドリ、2羽の幼鳥がイモムシを咥えた親鳥を追いかけていました。ごはんごはんごはん、早くちょうだーい。

130615_05
地面に叩きつけて弱らせてるからちょっとまってね。

130615_06
はい、どーぞ。

130615_07
今度はコムクドリ、去年の今頃も同じように撮りまくっていたコムクドリですが、今年も子育て中の巣を見つけました。これは巣立つ2日前。大口開けてます。

130615_08
お母さんが虫を運んできました。

この写真は、ほぼトリミング無しで距離は2m弱。いくら何でも子育て中の野鳥に近付き過ぎではないかと言われそうです。実は、何もこんな場所で子育てしなくても…、という状況で、近寄っても全く平気そうな場所なんです。そこで、それなりに工夫をして撮影させてもらいました。ということで、それは後ほど。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »