« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月25日 (日)

剥いてから埋めるか、そのまま埋めるか

一ヶ月以上ブログ更新が滞ってしまいました。その間、まあ色々とあったのですが、とりあえず夏休みということで^^

8月も後半になるとクルミもしっかり堅くなり、リス達は食べるだけでなく、保存用に埋めておく貯食行動が見られるようになってきます。

130825_01
木の枝から直接クルミを採って、ここまでくわえて運んできました。

130825_02
ここに穴を掘ってうめちゃいます。

130825_03
腰を使ってぐぐぐーっと押し込んで、

130825_04
さらに両手で押し込んで、

130825_05
右手でペタ、

130825_06
左手でペタ、これで完成^^

かなり昔の記事で、リスには皮を剥いてから埋める派と、皮のまま埋める派がいるって書きましたが、ここ数年続けてきたリス観察では、実はほとんどのリスが前者なんです。

良く考えてみると、皮のまま埋めてるのはシーズン初めの頃だけのような。この時期のクルミは外皮がしっかりと実にくっついていて剥くのが面倒なのでしょうか?食べる時はいずれにせよ外皮を剥くのでその時の写真を見てみると、

130825_07
外皮はしっかりと中の種(これがよく見るクルミの実)にくっついているのが分かります。これを剥くのは結構大変そう。実際1分ぐらいかかったりします。

130825_08
外皮を剥いて、硬い殻を削って割り始めたところ。外皮も完全には取れてなくて、ぬめぬめして滑りそうですが。

ということで、やっぱりこの時期の外皮は、しっかりと実にくっついていて剥くのが面倒なんでしょう、多分。埋めておけば、そのうち外皮は腐るので、掘り出す時には剥かなくてもよくなるし。9月半ばになって実が自然に落ちてくるようになると、外皮も腐りかけてて以前の記事のようにちゅるっと剥けて楽なんでしょう。でも、結局はその後にあの硬い殻を割らないといけないんですけどね^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »