« じゃれあう子リス(動画編) | トップページ | カルガモ親子 »

2016年6月 5日 (日)

クルミの幼木とミステリーサークル

木々の葉っぱが茂り、地面では草が伸びてきて、リス観察もしにくい季節になってきました。保護してあったクルミの幼木も、腰ぐらいまで伸びてきた草に隠れてしまって、このままでは草刈りの時にクルミまで刈られそうなので、目立つように「ミステリーサークル」を作っておきました。

160605_01
こんな感じで^^。ちなみに、この幼木は実生で、リスが種蒔きした(地面に埋めた)実から芽が出てここまで成長したものです。

160605_02
これは別の幼木。芽が出た時から適当に枝を立てて、草刈りされないように、こんな感じで保護してます。

160605_03
ここは公園なので、人間が植えたクルミの幼木もあります。これは金属製の保護ポールでいかにも人が植えた感じですが、実際には実生です。実は、この場所には桜の幼木が植えられていたのですが、すぐ脇にリスがクルミを埋めたらしく、そこから育ったクルミの方が勝って桜は枯れてしまった状態。クルミは回りの木を枯らしてしまう作用(他感作用)があるようなので、これもそのせいでしょうか。

160605_04
これは、一ヶ月ぐらい前に咲いていたクルミの花です。垂れ下がっているのが雄花で、赤くてちっちゃいのが雌花。雌花の根元が膨らんで実になります。

160605_05
まだクルミを割れない子リスは、その雄花をよく食べてます。

160605_06
こんな感じのアクロバティックな体勢で食べたり。

160605_07
今の時期のクルミはこんな感じで、かなりそれっぽくなってきてます。後一ヶ月ぐらいすると、リス達がまだ若くて青いクルミを噛るようになるかな。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

|

« じゃれあう子リス(動画編) | トップページ | カルガモ親子 »

クルミ」カテゴリの記事

ホンドリス」カテゴリの記事

ホンドリス(お食事中)」カテゴリの記事

ホンドリス(子リス)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
クルミの木の成長を見るのも楽しみなものですよね♪
こちらのリスは松ぼっくりが主食ですが、クルミの木も何本かあって、実が出来た頃にリスがクルミを食べる姿を見る事ができます。
私も幼木を見つけたら刈られないように、こうして目印を立てておこうと思います。

投稿: bluem | 2016年6月 6日 (月) 07時21分

bluemさん、コメントありがとうございます。
リス達も早く実が熟すのを期待して待ってたりして^^
クルミの木は、3年目を過ぎたあたりから急に成長が早くなりますね。それはともかく、ここではコレがないとリス観察もない感じなので、クルミは大事にしていきたいと思っています。

投稿: リスのしっぽ | 2016年6月 6日 (月) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535721/63737349

この記事へのトラックバック一覧です: クルミの幼木とミステリーサークル:

« じゃれあう子リス(動画編) | トップページ | カルガモ親子 »