ホンドリス(巣作り中)

2014年4月21日 (月)

お母さんリスのもじゃもじゃ作り

ワンパターンですが、今日もまたもじゃもじゃの話題です。母リスがこれを作っていると、ついついストーカーしてしまいます^^今日の写真は4月上旬に撮影した数日分をまとめたもの。最近なかなか整理が追いつかない…

140421_01
杉の木に後ろ脚だけでつかまってもじゃもじゃを丸めるリスを発見。脇腹のあたりの毛がめくれて乳首が見えてるので子育て中のお母さんリスと分かります。

140421_02
剥がした木の皮を、引っ張ってちぎったり、

140421_03
両手を広げて

140421_04
ばふっと叩いて柔らかくしたりしてます。飛び散る破片^^

140421_05
これは別の日の撮影ですが同じ個体です。枝の上で丸め直したりもします。

140421_06
また別の日、小雨の中を運んで行って、

140421_07
最後にここの巣に運び込みました。ということは…、この後どうなるか楽しみです。ちなみに1月5日の記事で見失ったリスの行き先は多分ここだったような。


この時のもじゃもじゃ作りの場面は動画でもどうぞ。手持ちで撮影して後からソフトウェアで手ブレ補正しています。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月26日 (水)

新しい巣には新しいもじゃもじゃを

二ヶ月ぶりのブログ更新。色々あって、すっかりサボっていました。

今日の話題はもじゃもじゃ運びで、1月に2回も書いた話題なのにここでもう一回^^まだ雪が多く残る3月中旬に撮影したものです。

この「もじゃもじゃ」は、木の皮を剥がして丸めた巣の内装材で断熱材も兼ねたものです。リスがこれを作っているということは、その後で使っている(または新築中の)巣に運び込むわけで、追跡すれば巣まで案内してくれます。それで、ついついストーカー行為に走って写真もいっぱい撮ってしまうことに^^

140326_01
最初にもじゃもじゃ作りを見かけたのは杉の木の奥。こちらにおしりを向けて皮を剥がしていました。


続きは動画で。枝の裏で逆さまになりながら、器用にはがして丸めてます。

140326_02
丸めたもじゃもじゃを巣まで運ぶ途中。何度か立ち止まっては丸め直してます。

ここからどちらの方向に行くか分からなかったので、まずはその場でリスの動きを観察。すると、数十m離れた高い木の上で一旦見えなくなって、その後こちらに戻ってきました。ということは、その辺りに巣があるということですね。

140326_03
戻ってくる途中、雪の斜面を駆け降りてます。

140326_04
今度は別の木(多分クルミ)で皮を剥がし始めました。


これも続きは動画でどうぞ。この動画の最後で木を駆け降りて移動を始めたので、人間の方も先ほどの巣があるらしき場所まで先回りしてダッシュ^^疲れました。

140326_05
ということで、もじゃもじゃを運び込んでいたのがこの巣。巡回ポイントに追加です。この子は女の子ですが、この巣で出産ということは多分なくて(常緑樹の奥の巣で隠れてこっそり出産することが多い)、GW頃に子リスを運んでここに引越してくる予定かも。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月25日 (土)

もじゃもじゃを くわえて走る 雪の上

古い巣から新しい巣へ、巣材のもじゃもじゃを咥えて何度も運んでいるリスを発見。

140125_01
通るルートがほぼ決まっているようだったので、途中の木の陰で待ち構えて走る場面を撮影しました。

140125_02
リスが来そうな場所に先にピントを固定しての連写、いわゆる置きピンです。

140125_03
E-M1の連続AFは、E-5に比べて良くなってはいるようですが、走るリスぐらいになると(速いし的が小さいし、腕も悪いけど…)追従できなかったので結局置きピンに。それでも秒間10コマあれば、どれか1コマにはほぼ確実にピントが来るので悪くない感じ。連写が遅いE-5で置きピンすると、どれにもピントが合ってなくて悔しい思いをしたものですが^^

140125_04
リスは少し走っては止まりを繰り返すので、その度にピントを合わせ直すチャンスもあって置きピンでも何とかなってますが、1DxならiTR AFで全コマにピントが合ったりするんだろうな~^^

140125_05
別のリスがちょっかいを出してきました。巣材を運んでいるのは女の子だったので、追いかけてる方は(確認できてませんが多分)男の子。

140125_06
今忙しいから後で~^^リス達もそろそろ恋の季節。今年の子リスはどうなるか、今から楽しみです。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 5日 (日)

冬の必需品、巣材のもじゃもじゃ作り

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、新年最初は巣材作りの場面を動画でお送りします。これを撮ったのは1月2日の朝で、最初はいるのに気付かないまま近付いてしまって逃げられたのですが、ここの皮がよほど気に入っていたのか、再び同じ場所に戻ってきて目の前でやってくれました^^

木の皮を剥がして、裂いて丸めて巣の内装材(通称「もじゃもじゃ」)を作ります。口と手を使って器用に丸めてますね。

リスの巣は枝を編んで作った30cmぐらいの大きさで、こんな感じ。
140105_01
隙間だらけで寒そうに見えますが、中には「もじゃもじゃ」の断熱材がたくさん入っているので実際にはあったかいようです。リスの巣作りの様子は、過去にも色々書いてます。内装材には木の皮だけでなく枯れ草や人工物を使うこともあるし、古い巣から取って再利用することもよくあります。

動画の最後で少し右に移動した後、その先でしばらく固まっていたのでこちらは写真で。

140105_02

その後、いきなりこちらに向かって走ってきて、私の横2mぐらいのところを走り抜けて行きました。巣のある方向へ行きたかったようです。

140105_03
巣材をくわえて雪の上を走って行く後ろ姿とか撮りながら、少し離れて後を追いかけましたが結局は見失ってしまいました。でも大体の場所はわかったので今後はその場所を集中的に捜索することに^^

さて、この動画は見て分かるように手持ちでブレブレですが、そのまま後からの手ぶれ補正もせずにノーカットで載せてあります。三脚を出す余裕が無い場合でも、EVF付きのミラーレス一眼だと両手と頭で三点支持できるので動画も意外となんとかなります。そうは言っても途中でバランスを崩して大きくブレている部分もありますが、そこは気にしないでください。

これが背面液晶での撮影(EVF無しのミラーレスとか、普通の一眼レフでライブビューの場合とか)だと腕を半分伸ばした位置での撮影になるのでブレはずっと大きいし、それ以前に被写体をフレーム内に捉えることからして困難です。それに、最近老眼が出てきた私にはそもそも液晶画面は辛いんです;;

ということで、E-M1を発売日にゲットして翌日から実戦投入してます。多少は高感度に強くなったとか、像面位相差AFでフォーサーズレンズがやっと普通に使えるようになったとか、連写が早くなったとかに期待して導入したE-M1で、それはまあ期待通りなのですが、期待してなかったメリットとして、この手持ちでも動画がそこそこ行ける、というのがありました。この時もカメラがE-5だったら手持ちで動画を撮ろうという気にはならなかったと思います。以前は三脚をセットしてる間にチャンスを逃してしまったことも多かったのですが、今年は手持ちでもどんどん動画を狙ってみる、という方針でやってみようかと思っています。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

お母さんリスのジャンプ

かいかい~、のポーズのお母さんリス。

130506_01
こうやってお腹を見せてくれると、発達したおっぱいが見えて子育て中だとわかります。おっぱいは4×2列で合計8つ。

130506_02
ここから、

130506_03
斜め下に向かって飛び降りるようにジャンプ

130506_04
1mぐらい飛んでます。行き先の細い枝にうまく前脚で着地してますね。

130506_05
今度は巣材をくわえたまま、ジャンプ

130506_06
狙った枝にしっかり着地。

130506_07
もう一つ、巣材をくわえて今度は山なりにジャンプ

130506_08
空中ではこんな姿勢で、

130506_09
着地した細い枝をしっかり掴んでます。最初のジャンプより細い枝で、よくこんな的に向かって飛べるものだと感心してしまいます。

ちなみに、これを撮影したのはGW前半で、この時巣材を運び込んでいた巣から最近になって子リスが出てきたのですが、それはまた後ほど。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

雪を背景に接近

今日は先週の寒さに比べれば妙に暖かく、少しだけ積もっていた雪もすっかり融けてしまいました。最近、写真の整理も遅れ気味で、掲載が後手後手になってしまってますが、まだ雪が残っていた先週分から。

121216_01
巣材を運ぶ途中で、近くに来てくれました。くわえてる巣材はスギの皮を剥がして丸めたもので、巣の中に入れてふわふわの内装材にします。でも、雪の上を移動してるので巣材にも雪が付いてますね。

121216_02
そういう時は、大きく手を広げて、ばふっと

121216_03
叩くように丸め直すと雪も落ちます。巣材を丸め直すのは、リスの可愛い仕草の一つで、結構気に入ってます。

121216_04
今度は別の場所で、木の洞に入ってる所に接近。と言っても、これも向こうからこの場所までたまたま来た訳で、目の前3mぐらい。

121216_05
でも、やっぱり目の前に人がいるのはイヤなようで、いったん雪の上に降りた後、

121216_06
また登って、ここから横っ飛びで逃げて行きました^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

リスが巣を作る場所

27日の夕方、当ブログの左側に置いてある、
    作者にメールで連絡
    ここをクリックすると外部のメールフォームが開きます
を使って連絡してきた方がいました。この機能、めったに使われないのですが、一応何かの役に立つかもと思って置いてます。

そのメールは、積んだ薪の奥にあったリスの巣を知らずに壊したら中に子リスがいた~、どうしよう、という相談でした。
その顛末はこちら

お母さんリスは、巣の状態が悪くなるとすぐに子リスを連れて何度も引越しするので、巣をそれらしく元に戻して(実際すでにそうされてました)そのままにしておけば、多分翌日には家族で新居にお引越しするから大丈夫、という返事をしたところ、予想通り翌日には誰もいなくなってたようです。よかったよかった^^
その顛末はこちら

連絡してきたのは、軽井沢にあるアトリエ素布(すーぷ) のhotchさん。
素敵なバッグや雑貨などの作品を制作されてるアーティスト。
ブログはここhttp://www.soup-karuizawa.com/blog/

今回のようにリスが人のすぐ近くに巣を作ることは結構あるようです。こちらでも、改築するために倉庫を壊したら中に巣があってちっちゃな子リスがいたとか(すぐに親リスがどこかに連れて行った)、巣材を運んでいる母さんリスを追いかけて巣を特定しようとしたら民家の屋根裏に入っていった(そこか~^^)とかの例もありますし。

ということで、今日は在庫から人工物を使おうとしてるリス写真を少し。あんまり自然の中って感じじゃないので普段はこの手はボツにしてるのですが…

120329_01
これ、巣材に使えるかな~

120329_02
これも使えそう

120329_03
でも、やっぱり自然素材の方がいいよね^^(これは枯れ草です)

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

杉の皮をはがして巣の内装材に

巣材を集めているところに遭遇

120223_01
杉の細枝の皮を剥がして、細かく裂いて巣の内装材にしています。

120223_02
数分後、すっかり丸裸にされてしまいました。実はこの枝は強風か何かで折れてしまった枝なのでいくら剥いても大丈夫。リスもそれがわかってここを集中的に剥がしているのでしょうか。

120223_03
その後、隣のクルミの木に飛び移って、

120223_04
どんどん駆け降りて、

120223_05
その先でジャンプ。SSは1/1600秒でも多少の被写体ぶれ。リスのジャンプを撮るにはもっと早くしないと^^この続きが前の記事の三枚目で、雪の上を走っている場面になります。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

足跡からわかること

先週土曜の朝、夜中に2cmぐらいの積雪があったようですが、早朝からいい天気。こういう日の足跡はよく目立つし、観察するといろんな事がわかります。

120220_01
木の根元にあるこの足跡(青丸のところ)ですが、矢印の方向に走って行く時の足跡で、周りに他の足跡はありません。しかも、森の外れの独立した木で、枝を伝ってこの木に来ることはできません。ということは…、

120220_02
昨晩はこの木の上にある巣にお泊りだったようです。この巣は最近は使われてないと思っていたのですが、足跡の証拠があったので、またしばらくここも観察ポイントに入れておかないと^^

120220_03
これは足跡の拡大写真。小さい二つが前足、大きい二つが後足、でこれが1セット。前足が4本指で、後足は5本指、というのも大体わかります。この足跡がどうやってできたかというと、

120220_04
こんな風に走って行く時、

120220_05
前足で着地した後、こんな感じで後足が前足より前に来ます。その後、後足で地面を蹴って再びジャンプ。その結果、さっきの写真のような足跡ができあがります。ちなみに、口に咥えているのは巣の内装材で、杉の皮を細く裂いて丸めたもの。追い掛けて行って使っている巣を特定しようとしたのですが、この時は途中で見失いました。

120220_06
おまけ、枝の上を雪を蹴散らしながらクルミを咥えて移動中。

120220_07
さらに、ワンパターンのどアップ写真^^枝の上でクルミを食べてます。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月24日 (土)

さらに新居を建設中

9/21の記事「新居へ、二度目の引越し」で紹介した引越しの数日後、母リスはさらに新しい別の巣を作り始めました。

葉っぱの付いた細い枝を齧り折って、くわえたまま枝を駆け抜けたりジャンプしたり、時には落ちそうになったり。見ていると少しハラハラします。

さらに翌日、新たに作った巣に入れる内装材を集めていました。木の皮を剥がして丸めて作ります。これを巣の中に運び込んで、ふかふかのベッドにします。

またそのうちここに引っ越してくるのでしょうか。せっかく巣を作っても、全く使われないまま朽ち果てたり、数日使っただけでまた別の所に引越したり、ということがよくあるので、今回もどうなるか全然読めません^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)