クルミ

2016年6月 5日 (日)

クルミの幼木とミステリーサークル

木々の葉っぱが茂り、地面では草が伸びてきて、リス観察もしにくい季節になってきました。保護してあったクルミの幼木も、腰ぐらいまで伸びてきた草に隠れてしまって、このままでは草刈りの時にクルミまで刈られそうなので、目立つように「ミステリーサークル」を作っておきました。

160605_01
こんな感じで^^。ちなみに、この幼木は実生で、リスが種蒔きした(地面に埋めた)実から芽が出てここまで成長したものです。

160605_02
これは別の幼木。芽が出た時から適当に枝を立てて、草刈りされないように、こんな感じで保護してます。

160605_03
ここは公園なので、人間が植えたクルミの幼木もあります。これは金属製の保護ポールでいかにも人が植えた感じですが、実際には実生です。実は、この場所には桜の幼木が植えられていたのですが、すぐ脇にリスがクルミを埋めたらしく、そこから育ったクルミの方が勝って桜は枯れてしまった状態。クルミは回りの木を枯らしてしまう作用(他感作用)があるようなので、これもそのせいでしょうか。

160605_04
これは、一ヶ月ぐらい前に咲いていたクルミの花です。垂れ下がっているのが雄花で、赤くてちっちゃいのが雌花。雌花の根元が膨らんで実になります。

160605_05
まだクルミを割れない子リスは、その雄花をよく食べてます。

160605_06
こんな感じのアクロバティックな体勢で食べたり。

160605_07
今の時期のクルミはこんな感じで、かなりそれっぽくなってきてます。後一ヶ月ぐらいすると、リス達がまだ若くて青いクルミを噛るようになるかな。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

今年のクルミは豊作

9月になると、クルミの葉はアメシロにやられた部分が多くなり、クルミ狩りの場面を撮影しても背景にボロボロな葉っぱとかが多くてなかなか絵になりません。

これが8月前半だと葉っぱもまだ綺麗だったのですが、そのかわり写真を撮っても葉っぱの陰でリスが全く見えなかったり、木のはるか上とか枝の奥でやってて見えないことがほとんどで、イライラしながら撮影してました。でも、今年のクルミは豊作なので、実際には撮影向きのクルミの実も多くて良い場面が撮れる機会もそれなりにあったのでしょう、気が付くと結構な数の写真が溜まってました^^

ということで、今日は8月に撮影したのクルミ狩りの場面を集めてみました。

140908_01
房から1個だけゲット。

140908_02
葉っぱの陰から出てきた所が撮影のチャンス。

140908_03
4個まとめて運んでます。

140908_04
これ、美味しいかな…

140908_05
こっちはどうだろう…、結局これと一つ前のは取らずに別の場所へ移動してます。取る実と取らない実を、何を基準に決めてるんでしょうか?匂いとか、単なる気まぐれかも^^

140908_06
地面に落ちたのも拾いに来ます。

140908_07
がぶっと、この実はこの後持って行きました。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月24日 (金)

カラスvsリス

カラスはリスの天敵とはよく言われます。実際に子リスがやられることは時々あるのですが、大人になったリスを襲うことはまずなくて、近くにカラスがいてもリスは平気で活動してたりします。以前の記事ではこれとか。

140124_01
これは先週見かけたカラスvsリスの場面。カラスがこれぐらい近くに来ても、すぐには逃げません。リスにとって斜め後方にカラスがいますが、広い視野で捉えてしっかり警戒はしながらも、平気でクルミを削ってるようです。

140124_02
しばらくして、カラスが少し近付いてきました。こうなると、リスの警戒レベルも上がったようで、カラスと相対するように向きを換えましたが、まだ逃げなくても大丈夫のようです。

140124_03
何か動きがありそう、と思って連写していると、カラスが急に飛び立ちました。リスはいったん幹の方向に飛んで、そこで急転回して下に駆け下りていきました。削っていたクルミはポイっと捨てて、落ちていくのが見えてますね。

140124_04
無事逃げられたようです。こんな感じで、リスを襲っても普通は軽く逃げられるので、カラスがリスを襲うことはまずない、はずなのですが、今回はリスが持っていた「クルミ」の方が欲しくてちょっかいを出したのかも。

140124_05
その後、カラスは地上でクルミを探しているようでしたが、結局人間が近付いて来て逃げて行きました。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

目の前でクルミを埋め埋め

この時期のリス達は、クルミを採ったり拾ったり埋めたりで大忙し。先日は掘り掘りの場面を紹介しましたが、今日は埋め埋めの場面をどうぞ。この時は何を思ったのかわざわざ目の前5mぐらいに来て埋めてくれました。たまたま動画を撮ってる時に近くに来てくれて超ラッキー^^
ということで、動画とそこから切り出した写真2枚を掲載。

130929_01
腰を振って掘った穴にクルミを押し込みます。

130929_02
埋め終わって顔を上げたところ。

埋めた後、丁寧に土を被せて隠すところが可愛いのですが、それは動画にて。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年8月25日 (日)

剥いてから埋めるか、そのまま埋めるか

一ヶ月以上ブログ更新が滞ってしまいました。その間、まあ色々とあったのですが、とりあえず夏休みということで^^

8月も後半になるとクルミもしっかり堅くなり、リス達は食べるだけでなく、保存用に埋めておく貯食行動が見られるようになってきます。

130825_01
木の枝から直接クルミを採って、ここまでくわえて運んできました。

130825_02
ここに穴を掘ってうめちゃいます。

130825_03
腰を使ってぐぐぐーっと押し込んで、

130825_04
さらに両手で押し込んで、

130825_05
右手でペタ、

130825_06
左手でペタ、これで完成^^

かなり昔の記事で、リスには皮を剥いてから埋める派と、皮のまま埋める派がいるって書きましたが、ここ数年続けてきたリス観察では、実はほとんどのリスが前者なんです。

良く考えてみると、皮のまま埋めてるのはシーズン初めの頃だけのような。この時期のクルミは外皮がしっかりと実にくっついていて剥くのが面倒なのでしょうか?食べる時はいずれにせよ外皮を剥くのでその時の写真を見てみると、

130825_07
外皮はしっかりと中の種(これがよく見るクルミの実)にくっついているのが分かります。これを剥くのは結構大変そう。実際1分ぐらいかかったりします。

130825_08
外皮を剥いて、硬い殻を削って割り始めたところ。外皮も完全には取れてなくて、ぬめぬめして滑りそうですが。

ということで、やっぱりこの時期の外皮は、しっかりと実にくっついていて剥くのが面倒なんでしょう、多分。埋めておけば、そのうち外皮は腐るので、掘り出す時には剥かなくてもよくなるし。9月半ばになって実が自然に落ちてくるようになると、外皮も腐りかけてて以前の記事のようにちゅるっと剥けて楽なんでしょう。でも、結局はその後にあの硬い殻を割らないといけないんですけどね^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月30日 (日)

そろそろ夏らしく

6月末になって、森の中がかなり夏らしくなってきました。

130630_01
クルミも見た目は完成してますが、まだ中身は固まってないのでリス達が採って食べる場面を見かけるのはもう少し先かな。

130630_02
ということで、埋めてあった去年のクルミを未だに食べてるようです。この子は春に生まれた子リスで、クルミを上手く割れなくて時間をかけて削っていましたが、結局途中であきらめてしまいました^^

130630_03
クルミにはちょっと早い今の時期、リス達がよく食べてるのが桑の実。

130630_04
口の回りを赤くしながらいっぱい食べてます。桑の実にはリスだけでなく、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリなどの鳥達も集まってきています。先日のコムクドリも親鳥が桑の実らしきものを運んできていましたが、この木から採って行ったのかも。

130630_05
最近では下草が50cmぐらいに伸びて、草むらにリスがいてもほとんど見えなくなっていました。でも、ここは公園なので人が通るあたりは草刈りしてくれます。リスにとっては丸見えになっていやかもしれませんが、おかげで写真が撮りやすくなりました^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

勝手に開花宣言

ここでもようやく桜が咲き始めました。

130409_01
広い公園内にたくさんある桜の中で、特に日当たりの良い場所の一部の枝で少しだけ咲いていました。ということで、勝手に開花宣言しちゃいます^^例年より約一週間早く、今週末には見頃になりそうな感じ。

130409_02
これは白梅で、先週後半に咲き始めました。この辺りは、梅と桜がほぼ同時に咲くという北海道のような場所なんです。

130409_03
このところ、地上にいるリスを撮っても背景に緑が入るようになってきました。茶色だけの地面にはそろそろ飽きて来てたので^^新鮮で気持よく撮影できます。

130409_04
遠くの方の柳の木で二匹のリスが活動中。一匹は写真中央でクルミを食べてて、もう一匹は左下でシルエットに。

130409_05
咲きはじめた桜の木にリスが来るのはこれから狙っていきますが、とりあえずいつもの木で、

130409_06
ぶるぶるぶる~

リスが大好きなクルミの木に花が咲き始めるのはもう少し先になります。クルミは去年の葉っぱが落ちた痕(葉痕)が色んな顔に見えて、前にも書いたように、普通はサルの顔とか羊の顔とか言われます。ところが、先っぽの新芽の部分を含めると、また別の顔に見えてくるのが面白くてこんな写真を撮ってしまいました。

130409_07
土偶?

130409_08
マイメロディ?くだらないネタですみません^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月12日 (火)

雪に潜ってクルミ探し

しばらく溜め込んでいた動画を、この三連休に少し整理することができたので、ぼちぼちブログに掲載して行きます。今日のネタは1月後半にまだ雪がたっぷり(20cmぐらい)残っていた頃の分で、雪に潜ってクルミを探している場面です。ニ頭の絡みとかも入れて編集してみました。編集と言っても特に凝ったことはしてなくて、適当に良さげな場面を抜き取って、多少明るさと色を調整してるだけですが。

130212_01
雪まみれになりながらクルミを探します。


深い雪の下からしっかりとクルミを見つけ出すことができるのは、匂いとかを手がかりに探してるのか、それとも埋めた場所を覚えてるからか、いずれにせよ結構すごい能力ですね。雪に潜った後、トンネルを掘って別の場所から出てくる場面が気に入ってます^^周りがうるさかったので音声は全部カット、フルHDでどうぞ。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

耳毛の個体差、もしかして子リス?

すっかり冬模様のこの頃、リスの耳毛も伸びてきました。

121120_01
この子の耳毛はかなり長くなってます。先週の日曜(11/18)に、紅葉を背景に撮影しました。でも、今の時期にしては耳毛が長過ぎない?と思って在庫写真と比べてみると、

121120_02
3日前(11/15)に全く同じ場所で撮影したのがありました^^。3日ではこんなに伸びないので別の子ですね。他の子の写真を見ても、今の時期はあまり耳毛がないのが多数派です。

単なる個体差にしては大きすぎる気がします。もしかしたら1枚目は夏に生まれた子リスかもしれません。今年は夏の繁殖を見ることができず、子リス写真は諦めていましたが、実際にはどこか人間に見つからない場所で育ってたのかも。

この子が夏生まれとすると、普通は7月に生まれるので生後4ヶ月ぐらい。春(3月)に生まれて4ヶ月経った7月頃の子リスと比べてみましょう。そのころと言えば、ちょうど小さな木の実とかキノコとか食べてた頃です。両者を比べると、春生まれの子リスの方が幼く見えるような。まあ、結局はよくわからないので、今日の1枚目も子リスということにしておきましょうか。

この耳毛の長い方が子リスかも、と思った理由はクルミ割りがかなり下手だった、というのもあります。ということで動画も撮ってあるのでどうぞ。


途中で別のリスが近くに来て少し上に移動しました。その後も綺麗に割れずに、横から強引に少しだけ割って、中身をほじるように食べてます。長いので途中は早送りしてます^^

それから、実は撮ったことも忘れかけていましたが、2枚目の耳毛の無い子の方も動画があります。


この子はしっかりと半分に割って食べてます。食べ終わってポイした半分が枝の根元に残っていて、最後にもう一回確認するところが可愛い。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月30日 (月)

子リス、クルミ割り練習中

石の上でクルミを割ろうとしてる子リスを発見。

120730_01
剥いた外皮が石の上に散らかってます。動画も撮影を始めて、もう少し近寄ろうと思った時に、別の子リスが近くに来てこの子は木に登って行きました。

120730_02
行った先の枝の上で続きを。延々とやっててあまりに変化がないので、ここはビデオカメラに任せて、もう一匹の子リスの方を追いかけます。

120730_03
のび~

120730_04
この子は地上派で、いまだに小さな木の実をチマチマと食べてるようです。でも、そろそろクルミ割りの練習しないとね^^

さて、30分後に最初のクルミを割ってる子リスの所に戻ってくると…、まだやってました(笑)が、時間もないのでここで撮影終了。30分は長いので、途中を100倍速にして編集してあります。


それにしても30分以上も延々とやってるとは…、我慢強いというか、それほどまでにクルミは魅力的なんでしょうか。殻にはいい感じで溝が出来てる所も見えるのですが、結局は30分後もあまり変わってないような^^

7月末のクルミは、堅くなって来たけど人間が踏めば簡単に割れるぐらい。こんなクルミでも子リスはうまく割れません。そのうち、思いっきり踏んだぐらいではびくともしないぐらいに堅くなるので、この変化がいい練習になるのでしょう。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧