ツバメ

2012年8月19日 (日)

巣立ち直前のツバメ雛、トンボを丸飲み

一つ前の記事からトンボつながりでツバメを。8月上旬に撮影したものですが、色々あってやっと編集できました。

120819_01
巣立ち直前の様子です。この翌日には全員いなくなってたので、うまく巣立ちできたと思います。この場所は、よく人が通る軒下で基本的には駐車場で、知らずに巣の直下に車を駐めると糞にやられます。暗かったので、少しだけフラッシュを使わせてもらいました。残りは動画で。

(00:00)右端の子にトンボを与えます。
(00:19)左端の子が、落ちそうになりながら向きを変えてウンチします。その後、他の雛の後ろを通って右から二番目からズボッと出てきます。
(00:48)親鳥は何度か迷ってから、結局右から三番目の子にトンボを。この子は飲み込むのにかなり苦労してます。口からはみ出したトンボを欲しそうに、隣の子がぴーぴー言ってます。

親鳥はどうやって雛に公平に食べ物を与えているのか、が気になって、延々と撮影したビデオを「夏休みの自由研究」と称して解析してみました。

雛は頻繁に場所を入れ替わってるので、雛の位置で順番にやってるわけでもなさそう。でも、親鳥が雛の顔を見分けていて、どの子に何回やったかしっかり覚えてる、ということでもなさそう。結局よくわからない^^のですが、一番の大口を開けてる子とかに適当に与えてるような気がします。何度か食べて満足した子は、次が来てもあまり口を開けなくなるので、十分に食糧を与えていれば結局全員に行き渡る、ということでしょうか。なんか適当ですが、結局はそんなものなのでしょう^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

ツバメの飛行撮影にハマる

毎年のことですが、低空飛行を繰り返しているツバメを見ると、やっぱり撮影せずにはいられません^^。目の前3mぐらいを横切ったり、突然方向転換したり、撮れるもんなら撮ってみろと言わんばかりです。ということで、結構ムキになって撮影してしまいました。

120621_01
とりあえず、こんな感じで

3年前にもツバメ飛行撮影をブログに書きましたが、その後、カメラもレンズも変わって多少は高性能になっています。でも撮影方法は基本的に同じです。シャッタースピード優先の1/1000秒ぐらいで、全ターゲット自動選択の連続AFに設定します。後は適当にズームしながら、近くに来たらひたすら連写。私にはMFとか無理^^なので、ピントはカメラにおまかせで、被写体をフレーム内に(AFポイントのどれかに引っかかるように)捕らえ続けることに注力してます。

120621_02
超低空飛行

ただ、この撮り方だと置きピンする場合と違って、あっという間に枚数が増えてしまいます。1時間ぐらいムキになって撮影すると、16GBのメディアいっぱいの1000カットとか…。

120621_03
それでも、まっすぐ横に飛んでくれると成功率高いです

歩留まりを上げるポイントは、連続AFが騙されないように背景が芝生のように均一で、なるべく横に飛んでくれる場所を選ぶということ。要するに、ツバメの飛行パターンをよく観察して位置取りを決めるのが一番重要ということで^^

120621_04
飛行中の二羽が絡んでたりすることもあります

120621_05
あまり飛ばずに近くの東屋の屋根にペタッと座り込んでるツバメもいました。なんとなく幼い感じだし、この子は多分巣立って間もない幼鳥なのでしょう。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

ツバメの巣作り、今年も

公園内のとある場所に、毎年ツバメが巣を作っています(以前の記事)。やっぱり今年もやってきました。

110506_01
巣材を咥えて人通りの多い軒下にいました。3mぐらいまで近付いても逃げません、さすがツバメ。

110506_02
去年も巣があった方を見ると、パートナーらしき子が作業中でした。それが終わるのを待ってるんでしょう。

110506_03
よく毎年同じような場所に巣を作るものだと思いながら、反対側に回り込みましたが、まだ逃げません。立派な尾羽のこの子の方が多分オス。

110506_04
パートナーの作業が終わったので、オスも作業に掛かります。
見たな~、みたいな視線が…^^

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

ツバメの巣作り、今年は大丈夫かな

ツバメが飛び交っていました。去年も巣があった場所をのぞいてみると…、

100518_01
ありました。去年と全く同じ場所です。でも、ここは去年、巣ごと落下して雛が全滅した場所でもあります。親も去年と同じ個体だと思いますが、今年は大丈夫でしょうか。巣をのぞいた時には中に親がいて、多分抱卵していたのでしょう。ということはあと二週間ぐらいで雛が見られるかな。

100518_02
カメラを構えると、親ツバメは巣から出て、すぐ近くの電線に移動しました。こちらが多分オス。

100518_03
その1mぐらい横にとまっていたのが多分メス、抱卵していた方。
5月18日撮影。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月22日 (火)

八島ヶ原湿原

最近はリスの写真ばっかりだったので、たまには別の話題を。9月上旬、天気がよかったので午後から八島ヶ原湿原に行ってきました。

090922_01
途中の展望台からみた富士山です。♪頭を雲の上に出し~。

090922_02
八島湿原を一周歩いたのですが、色々咲いてた花で一番インパクトが強かったのがこれ、ハバヤマボクチ。丸くてふわふわだけど触ると痛そうなのは蕾で直径5cmぐらいあります。名前も変だし、この大きさで結構たくさん咲いてたので存在感ありすぎです。

090922_03
これはエゾカワラナデシコ。この日見た中で一番好きな花です。

090922_04
本当は野鳥が撮りたかったのですが、下調べもせず午後からふらっと出かけただけなので、なかなか撮影できる範囲に鳥が来てくれません(遠くにはいるんですが…)。そんな中、湿原の脇にポツンと立っている木にツバメが集まっていました。そろそろ南に帰る頃でしょうか。

090922_05
市街地だとツバメと言えば電線が定番ですが、こうやって木の上にいると野鳥らしくていいかも。前に飛行中のツバメを撮るのに苦労したのですが、これぐらい条件がよければ撮りやすいし^^。

090922_06
野鳥と花が目的でレンズは70-300mmしか持って行かなかったので風景を撮るとこんな感じになってしまいます。鎌ヶ池とその奥に車山です。

にほんブログ村 小動物ブログ リスへにほんブログ村 写真ブログ 野生動物写真へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月30日 (日)

ツバメ飛行中

公園の芝生広場をツバメがやたらと低空飛行していました。虫を探しているようですが、かなり人間の近くまで来てからツバメ返しで方向転換したりします。写真に撮れるもんなら撮ってみろと言われているような気がして^^、やってみました。

最初は置きピンで試しましたが全然ダメです。飛ぶの早すぎます。ということで、AF(連続モード)でやってみることにしました。SS優先で1/1000秒ぐらいにして、ズームは少し引き気味でツバメを中央に捕えつつ半押しで連続AFします。近くにきたらそのまま一気にズームしてひたすら連写です。被写体がAFポイントから外れたらアウトなので、数で勝負です。

こういう時に機材の性能が物を言うわけですが、使っているレンズ(ZUIKO DIGITAL ED70-300mmF4.0-5.6) はAFが遅いことで有名だし、カメラ(OLYMPUS E-520) のAFポイントも3点しかありません。AFポイントなんてどうせ中央1点しか使わないし、という人も多いかと思いますが(私も普段はそうですが)、9点も11点もあるAFポイントって、こういう時に威力を発揮するもんです。

意地になって、何日かかけて合計1000枚程度は撮りましたが歩留まりは数%で相当悪いです。その中から、なんとか見られるものを集めてみました。

090830_01

090830_02

090830_03

090830_04

090830_05

以前観察していた雛たちは、巣が落ちてしまって全滅しましたが、もしそのまま成長して巣立っていたら今頃はこんな風に飛び回っていたんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

ツバメの悲劇

昨日の記事で書いたツバメの家族について悲しいお知らせです。今日も雛を見るのを楽しみに散歩に行きました。ところが、

090721_04
いつもの場所に巣がありません。下を見ると…。

090721_01_2
巣がまるごと下に落ちていました。雛も一緒です。

090721_02
5羽の雛のうち、4羽はすでに息絶えていました。

090721_03
この子だけは、何とか頑張って生きようとはしていたのですが、弱りきっていて僅かに動く程度だったので、もうどうすることもできませんでした。こんな状態でも、親鳥は巣があったはずの場所に餌をくわえて飛んで来ては去って行くので、ますます胸が痛みます。

この前日の朝には普通に子育てしていたのに、何でこんなことになったんでしょう。カラスにやられたのか、人為的に落とされたのか、壁との密着不足で自然に落ちたのか、実際のところはわかりません。でも、カラスなら雛は放置しないでしょう。人間がやるにしても、この場所は広い公園の中の公共施設で、近くに民家もないので理由がありません(職員もそんなことはしないと言っていたし)。せいぜい直下に車を停めると糞が落ちてくるぐらいですが、そんなことでここまで非道な事をする人はいないと思います。

やはり密着不足で落ちたと考えるのが自然な気がするのでそう考えることにしました。人間がやったなんて考えたくもないし。巣は一枚目の写真のように、つるつるのコンクリートの壁にくっついていただけなので、自然に落ちたとしても不自然ではないし、実際ツバメの巣が落ちることはよくあることのようなので…。

それにしても悲しい。この子達の成長を見るのが楽しみだったのに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

ツバメの子育て

ちょっと遅めのツバメの子育て。多分、今シーズン二回目でしょうか。散歩の途中にツバメが巣を作っているのを見かけてから毎日観察してきました。場所はリスのいる公園の中の某施設の軒下です。結構人の行き来があってすぐ下に車もとまるという場所です。抱卵中は変化がないので、あんまり写真も撮ってませんがこれからの成長をブログに乗せていこうと思っています(リスの写真が撮れないので)。
 6/17 巣を作っているのを発見、巣は下から1/3ぐらいまで。
 6/19 巣は完成している様子。
 6/25~7/12 巣の中でじっと座って多分抱卵中。
 7/13,14 そろそろ孵化するころかなと思っていたのに観察できず><。
 7/15 巣の中に雛を発見。とりあえず一羽だけ、親が餌をやっていました。
 7/16 観察できず。
 7/17 見えている雛は4羽。
 7/18 休みの日にゆっくりと観察すると雛は5羽いました。ということで今日の写真は7/18撮影のもので多分孵化後4~5日目ぐらい。

090720_01
餌はトンボです。雛の口の中に無理やり押し込んでます。羽も足も目玉も、丸飲みです。こんなに小さい雛なのにしっかり口をもぐもぐさせて全部食べてました。撮影にはフラッシュを使っています。フラッシュはよくないかとも思ったのですが、やたらと人は通るし、車の出入りも激しい場所なので、まっいいかと思って使ってみましたが親ツバメはあまり気にしないようです。でも雛たちは…、

090720_02
親がいない時でもフラッシュを光らせると反応して、このとおりです^^。でも反応するのはフラッシュだけでなく、自転車のブレーキ音や、車のドアの開け閉めにも同じように反応してしまいます。シャッター音程度なら反応しません。

090720_03
今度は別の角度から。こんなに大きいトンボを頑張って食べてます。親鳥は数分に1回ぐらい、どこからかトンボばかり狩ってきます。

090720_04
トンボの目玉が…

結局、この場所で1時間もツバメを観察してしまいました。結構飽きないものです^^。

| | コメント (2) | トラックバック (0)